TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>

シーズ技術の商品化コンサルティング


JRLは、
 貴社が持つ埋もれた技術を発掘して可視化し、それらを有効活用する方法を提案して、商品化、事業化を実現します。

 技術開発においては、ニーズ志向で必要な要素技術を開発する場合と、シーズ志向で研究開発の中で実現した技術をベースとして商品化を行う場合の大きく二つのパターンがあります。もちろん、全てがこの2パターンに当てはまるわけでなく、この折衷型やオープンイノベーションによる外部技術導入など様々な流れがあります。

 しかし、いずれにおいても技術開発自体は目的ではなく、あくまでも手段であり、新規事業や新商品開発が実現できて初めて目的が達成できたことになります。また、事業化や商品化が終わった場合でも、それらの要素技術は無形の財産として蓄積されることになります。特に、近年のように技術領域、商品領域の融合、そして、開発期間のスピードが要求される中では、そういった財産とも言える技術資産の有効活用が必要不可欠であると言えます。

 JRLでは、新技術はもちろん、社内で埋もれている要素技術や、社外も含めて様々な要素技術シーズに対して、多面的な評価結果などをもとに技術の可視化を行います。そして、新技術、蓄積技術、外部技術など様々な要素技術の事業化、商品化を実現します。また、そういった商品化提案や用途提案はもちろん、コラボ提案、試作品の評価など商品化実現をお手伝いいたします。また、新たな技術が必要となった場合には、新技術の開発コンサルティングもご提供いたします。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



このようなことにお悩み、課題をお持ちのクライアント様は是非ご相談ください。

新技術・材料、プロセスを開発したが、上手く活用できていない
既存の保有技術をもっと広い範囲で活用したい
活用可能な埋もれたシーズ技術を見つけだし、活用したい
社内だけでは、商品化アイデア、事業化アイデアが偏ってしまっている
利用できる社外シーズを活用して商品化を行いたい
保有技術の優位性や競争力を評価したい
シーズ技術の競争力、価値を上げたい
保有技術、シーズ技術を商品化、事業化したい
社外連携、コラボレーションを強化したい
技術の完成度を上げたい


このような事例に対して、例えば以下の例のようなソリューションを提供いたします。

・シーズ技術の可視化
  (ベンチマークとポジショニング)
  技術の棚卸し(絶対的評価)
  類似技術の調査(周辺評価)
  競合調査(相対的評価)
  用途、マーケット調査(環境評価)
・技術の用途提案
・新商品の提案
・試作品評価
  既存商品との比較
  目標機能、性能実現度評価
  解決課題との対比
・コラボ提案
  大学、企業、公的機関等
  調査、探索
  評価
  折衝


コンサルティング事例
 新商品・技術開発コンサルティング(企画・計画・実行)
 技術・ナレッジの棚卸しコンサルティング
 新規事業戦略策定コンサルティング
 新規事業・新商品アイデア・テーマ企画創出コンサルティング
 人材・組織育成教育(OJT)並行型コンサルティング


もちろん内容については、ご要望に合わせてカスタマイズして最適化します。

これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずは相談ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL