TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

利用できる社外シーズを活用して商品化を行いたい

 

社外連携、コラボレーションを強化したい


  • 保有技術だけでは限界
    開発コストを下げたい
    光る技術が見つかられない
    上手くコラボがまとめられない
    オープンイノベーションが分からない


 社内シーズ技術だけでは、目的(商品開発、事業展開など)が達成できない、コストや時間がかかり過ぎて競争に勝てない。このようなことは、現代のように要求が高度化し、技術が多様化している状況では必然であるとも言えます。オープンイノベーションという流れもこのような状況を反映した当然の方向性の一つと言えます。しかし、いざ社外に目を向けようと思っても、実際にどのような社外シーズが必要なのか、どうやって探せばよいかが分からない。また、それが分かり、社外の技術シーズや知恵を活用したいという段階になっても、どのように話を進めればよいかわからない、当事者だけでは上手くが話がまとまらないということは珍しくありません。

 


この背景にはこんな原因があります

・自分たちだけ開発、商品化、事業化することに固執
・社外情報の不足
・折衝、調整力の不足
・技術評価、目利き力が足りない
・応用展開発想が不十分




では、どうすれば良いか

・オープンイノベーション発想で外部活用する
・より広く積極的に社外情報に目を向ける
・技術評価力、折衝力を高める

などとは言われますが、全く経験がないためにどこからどのように進めていけば良いかわからない、また、技術評価力や折衝力なども一朝一夕に高まるものでもありません。しかし、スピードと効率、そして、技術融合が必須となっている現代においてはは生き残り、成長していくためには必要不可欠です。
 そのようなときにこそ、産官学の多種多様なルート、様々な分野の知識と実務経験、コンサルティング経験に基づいた多面的複眼視点による評価、そして、客観的な立場として交渉をまとめ上げることができる専門家アドバイザーが必要となります。

すなわち、

・オープンイノベーションによる社外連携。
・論理的で客観的な技術評価。
・win-winのコラボレーション構築。




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

・シーズ技術の可視化
  (ベンチマークとポジショニング)
  技術の棚卸し(絶対的評価)
  類似技術の調査(周辺評価)
  競合調査(相対的評価)
  用途、マーケット調査(環境評価)
・技術の用途提案
・新商品の提案
・試作品評価
  既存商品との比較
  目標機能、性能実現度評価
  解決課題との対比
・コラボ提案
  大学、企業、公的機関等
  調査、探索
  評価
  折衝


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。




シーズ技術の商品化コンサルティング例

新技術・材料、プロセスを開発したが、上手く活用できていない
既存の保有技術をもっと広い範囲で活用したい
活用可能な埋もれたシーズ技術を見つけだし、活用したい
社内だけでは、商品化アイデア、事業化アイデアが偏ってしまっている
利用できる社外シーズを活用して商品化を行いたい
保有技術の優位性や競争力を評価したい
シーズ技術の競争力、価値を上げたい
保有技術、シーズ技術を商品化、事業化したい
社外連携、コラボレーションを強化したい
技術の完成度を上げたい

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL