TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

既存の保有技術をもっと広い範囲で活用したい

 
  • せっかくの技術が活用しきれていない
    保有技術をもっと広く活用したい
    技術の異分野展開がしたい
    他分野、社外の技術と融合したい
    保有コア技術をもっと深掘りしたい


 スピードと効率化への要求、マーケットの厳しさが増していく中で既存技術をさらに深掘りして異分野も含めて展開していくことが必要不可欠であることは言うまでもありません。しかし、既存技術を活用して新たな新商品を開発したいにもかかわらず、その技術を一側面からしか見ることができないという悩みを多くの企業が抱えています。また、既存技術の活用は新商品という形だけでなく、ライセンスや外部技術との融合による新規展開、いわゆるオープンイノベーションなど、技術の活用方法も多種多様となってきています。
 しかし、実際には同じ技術知識基盤、思考回路の中で育ってきた者だけでは、発想が既存の枠を超えることができないのが実態です。




この背景にはこんな原因があります

・知識や情報が偏っている
・異分野に目が向けられていない
・外部活用、コラボレーションが進んでいない
・同じような発想基盤でしか考えられない
・固定化された観点でしか考えることができない




では、どうすれば良いか

・広い視野と新たな発想で様々な分野に目を向ける
・オープンイノベーションを活用して外部コラボレーションを推進する
・固定概念を捨ててゼロベースで考える

などとは言われますが、未経験の新たな分野、全く知らない領域に足を踏み入れることは容易ではありません。オープンイノベーションという言葉知っていても、どこまで外部コラボレーションしていくのかという実務的なことは何もわからないというのが多くの企業の実情です。しかし、時代の流れとそれに伴う要求に対応して、生き残り、成長していくためにはそんなことは言っていられません。
 そのようなときにこそ、多種多様な分野の知識と実務経験、コンサルティング経験に基づいた多面的複眼視点、様々なパイプラインを持つ専門家を活用することで、既存技術の新たな価値創出、オープンイノベーションによる技術融合とコラボレーションによって新規事業、新商品開発が実現します。

すなわち、

・多面的複眼視点による革新的発想。
・オープンイノベーションによる技術融合と外部コラボレーション。
・異分野への拡張展開




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

・シーズ技術の可視化
  (ベンチマークとポジショニング)
  技術の棚卸し(絶対的評価)
  類似技術の調査(周辺評価)
  競合調査(相対的評価)
  用途、マーケット調査(環境評価)
・技術の用途提案
・新商品の提案
・試作品評価
  既存商品との比較
  目標機能、性能実現度評価
  解決課題との対比
・コラボ提案
  大学、企業、公的機関等
  調査、探索
  評価
  折衝


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。




シーズ技術の商品化コンサルティング例

新技術・材料、プロセスを開発したが、上手く活用できていない
既存の保有技術をもっと広い範囲で活用したい
活用可能な埋もれたシーズ技術を見つけだし、活用したい
社内だけでは、商品化アイデア、事業化アイデアが偏ってしまっている
利用できる社外シーズを活用して商品化を行いたい
保有技術の優位性や競争力を評価したい
シーズ技術の競争力、価値を上げたい
保有技術、シーズ技術を商品化、事業化したい
社外連携、コラボレーションを強化したい
技術の完成度を上げたい

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL