TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

保有技術の優位性や競争力を評価したい

 

シーズ技術の競争力、価値を上げたい、技術の完成度を上げたい


  • もっと保有技術を使いこなして活用したい
    技術の完成度を高めたい
    優位性、競争力を向上したい
    客観的に保有技術を評価できない
    保有技術に新たな価値を創出したい


 保有技術を活用することはどの企業にも共通の命題ですが、そのためには保有技術の優位性や競争力などの価値の評価が必要となります。しかし、正しく評価をすることは簡単ではなく、特に長年その技術に触れてきた当事者にとっては様々な認知バイアス(思い入れ、先入観)から特に難しいものとなります。また、必ずしも保有技術をそのまま利用することで問題が解決したり、新商品・新規事業が実現するとは限らないということも現実です。昨今の技術進歩を考えれば文字通りのシーズとなり得る可能性は秘めていてもそのままでアウトプットに繋がらないというのが大勢と言えるでしょう。
 したがって、まずは的確に保有技術のシーズとしての価値評価を行うこと、そして、保有技術を基点としてその優位性や競争力を上げるということが必要不可欠となります。




この背景にはこんな原因があります

・思いや先入観が邪魔をして客観的な評価ができていない
・発想が固定化されている
・多面的に見ることができていない
・技術の深掘りが足りない
・踏み込んでいく分野が見えていない




では、どうすれば良いか

・客観的な視点で評価する
・多様な観点で技術を深掘りする
・異分野、多分野に目を向ける

などとは言われますが、どうしても自分の関わってきたものへの思いは強く、発想を拡げて異分野に目を向けるにもどこから始めればよいか分からないというのが実情です。しかし、スピードと効率が要求される現代においてはは生き残り、成長していくためには保有技術の価値を高めて徹底的に活用することが必要不可欠です。
 そのようなときにこそ、様々な分野の知識と実務経験、コンサルティング経験に基づいた技術視点とマーケット視点の両側面から、多分野視点で具体的な用途、商品化をベースとした評価と価値向上を実現できるアドバイザーが必要となります。
すなわち、

・論理的で客観的な技術評価。
・深掘りと異分野融合による価値創造。
・商品化、事業化を見据えた戦略策定。




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

・シーズ技術の可視化
  (ベンチマークとポジショニング)
  技術の棚卸し(絶対的評価)
  類似技術の調査(周辺評価)
  競合調査(相対的評価)
  用途、マーケット調査(環境評価)
・技術の用途提案
・新商品の提案
・試作品評価
  既存商品との比較
  目標機能、性能実現度評価
  解決課題との対比
・コラボ提案
  大学、企業、公的機関等
  調査、探索
  評価
  折衝


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。




シーズ技術の商品化コンサルティング例

新技術・材料、プロセスを開発したが、上手く活用できていない
既存の保有技術をもっと広い範囲で活用したい
活用可能な埋もれたシーズ技術を見つけだし、活用したい
社内だけでは、商品化アイデア、事業化アイデアが偏ってしまっている
利用できる社外シーズを活用して商品化を行いたい
保有技術の優位性や競争力を評価したい
シーズ技術の競争力、価値を上げたい
保有技術、シーズ技術を商品化、事業化したい
社外連携、コラボレーションを強化したい
技術の完成度を上げたい

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL