TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>

開発・実験計画と実行コンサルティング

 

 企業が存続するには研究開発による新商品、新規事業の創出が必要不可欠である。しかし、新商品や新規事業に繋がるような研究開発を成し遂げることは容易ではなく、ある程度の時間を要する。従って、将来を見越して新たな商品や事業の種を計画的に仕込んでいかなければならない。そのためには、時間とコスト、労力が必要となるが、これらには限りがあり、進歩と変化の激しい現代においてはより効率的な研究開発による確実な新商品、新規事業の創出を行っていかなければならない。
 効率的な開発の遂行とそれによる確実な商品化、事業化のためには、緻密で適切な計画を立てることが必須であるとともに、その計画を確実に実行して成果を生み出していかなければならない。研究開発、商品化、事業化が上手くいかない最大の理由の一つは、この計画がズサンであること、そして、実行時の計画無視による計画と実行の乖離であると言える。そして、そのような状況を生み出し続ける悪しき習慣と、正しい計画と実行プロセスへの無知が原因である。
 効率的で確実な研究開発実行と新商品、新規事業の創出のためには適切な計画の策定と確実に計画を具現化する実行力が必要不可欠である。そして、そのためには従来の週刊からの脱却と正しい知識と実務の修得が重要となる。これまでもより良くという思考で努力してきたにも関わらず状況が変わらないのは、自分たちだけでの解決の限界を意味している。まずは、正しい知識とやり方を学ぶ必要がある。



  特徴

  • ・ゴールまでの道筋が見える計画の策定
    ・戦略に基づく計画策定
    ・時間だけでなく、リソース(人、予算)も含めた計画策定
    ・事実に基づくロジックを積み上げた計画の実現
    ・開発型PDCAによる計画の確実な実行








  効果

  • ・実行と目的達成ができる計画
    ・計画をToDoに落とし込む実行サイクル
    ・ロジカルな計画による必要最小限のToDoと最大限の効率化
    ・計画を確実に具現化する実行プロセス
    ・計画と実行が一体となるマネジメント









実施項目例

  • 開発・実験の計画

  • ・目的の確認
    ・スコープと期限の確認
    ・目標ポイントの設定
    ・出口(商品化、事業化)の具体化
    ・経営方針、経営計画との整合
    ・ロードマップ、戦略との整合
    ・要素抽出と整理、ランク付け
    ・障害要因の抽出、想定と対策立案
    ・仮説構築、シナリオメイク
    ・計画のToDoへの落とし込み
    ・計画段階でのリカバリー想定
    ・クリティカルポイントの可視化
    ・ディシジョンポイントの設定
    ・評価、判断基準の設定
    ・内的要因の抽出
    ・外的要因の抽出
    ・キーイシューの具体化
    ・ボトルネックシーク
    ・ステージゲートの設定
    ・実験計画の策定
    ・PM、PLの選抜

 

  • 計画の実行
  •  
    ・ToDoの実作業への落とし込み
    ・リソースマネジメント
    ・定期mtg、報告会の実施
    ・計画の改善、改定
    ・現場個別指導
    ・ステージゲートの確認
    ・実行マネジメント(指導)
    ・進捗管理
    ・結果の解析、評価指導
    ・仮説構築、検証
    ・実験方法の指導、アドバイス
    ・ディシジョンメイク(Go/Stopアドバイス)
    ・想定外、突発事象への対応
    ・計画ズレ(遅延)の原因究明と対応
    ・外部連携(コラボレーション)、アウトソーシング指導、アドバイス
    ・出口(商品化、事業化)の具現化
    ・予算執行(設備導入等)アドバイス

 



コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL