TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>

計画策定コンサルティング

 

 新規事業、新商品開発、R&Dなど何をするにおいても、綿密な計画がなければリソースは発散消費されるだけで、目的を達成することはできません。計画とは、目的を明確にして全体を見渡して、進む方向、進み方を定義する地図であり、ルールでもある根本になる物です。しかし、現実には計画と名前は付いているが実際には計画と呼べるようなものでは無かったり、そもそも計画を作るということがなくその場その場パッチワーク的に対応しているというケースは後を絶ちません。だからと言って、計画の体裁だけを整えても、実現性、実行性が無く、見せるため、計画のための計画、絵に描いた餅になってしまい意味がありません。

 このような背景にあるのは、そもそも計画というものの本質が理解できていない、計画策定の手順方法、作り方が分からないなどの原因があります。また、計画の骨格となる、基本方針指針、戦略といったものが不明確であるために方向性や決まらない、企画自体が定まっていないなどのために計画を詰めたくてもできないといった状況も多々見受けられます。このような背景には、計画策定といった重要な要素の教育自体が十分にされておらず、現場任せ、本人任せになっているということも原因の一つとして挙げられます。

 環境は刻々と変化することから、計画自体も生き物であり唯一無二の普遍的絶対的なものではありません。しかし、臨機応変と無計画は違います。物事を進める上での基盤であることは間違いなく、基本が無ければ変化はデタラメにしか起こりません。そして、計画によって目的までのプロセスを共有することでメンバーのベクトルが揃ってシナジー効果が生まれるのです。また、計画は予定だけでなく確認、検証、達成の基準でもあり、それがあるからこそ、やるべきこと、課題が見えて、判断ができ、リカバリーも可能となるのです。計画無くして、目的達成はありません

 コンサルティング実行においては、計画策定を実行していくことを軸とすると共に自立継続基盤形成という教育的側面を両輪として実施していきます。言うなれば、計画策定プロジェクトのOJTということになります。


  主な実施項目例

  • ・対象の可視化
  • ・環境(内外)の可視化
  • ・障害(ハードル)の可視化
  • ・基準の可視化
  • ・メンバーの可視化
  • ・計画の具現化



  • 対象の可視化
  •  
    ・ゴール
    ・スコープ(範囲)
    ・情報
    ・キーイシュー
    ・出口

  • 環境(内外)の可視化
  •  
    ・リソース棚卸し
    ・外部環境
    ・内部環境
    ・要因抽出

  • 障害(ハードル)の可視化
  •  
    ・条件(output、期限、予算、他)
    ・障害抽出
    ・ボトルネック
    ・要素分解
    ・要件抽出

  • 基準の可視化
  •  
    ・ステージゲート
    ・Go−Stop
    ・ゴール

  • メンバーの可視化
  •  
    ・役割整理
    ・リーダー選定
    ・担当割り振り

  • 計画の具現化
  •  
    ・クリティカルイシュー
    ・実行性、実現性
    ・リスクアセスメント
    ・全体整合

計画策定、実行へ


 これはほんの一例です。研究開発・技術に関することならなんなりとお気軽にご相談ください。




コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL