TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>

技術・ナレッジの棚卸しコンサルティング

 

 事業の維持発展のためには新商品、新技術を開発して新規事業を産みだしていかなければなりません。一方で、どのような企業であっても蓄積された技術やノウハウ、ナレッジは必ず存在します。全てにおいてスピードと効率化が要求される現代においては、これらの潜在ナレッジを活用することが必要不可欠です。しかし、現実にはあまりにも当たり前に存在するためにその価値に気付けていない、技術やナレッジが属人化してしまっているなど様々原因からせっかくの技術資産が活用されていないのが大多数です。
 強み伝いで効率的な開発を行うためには、それらの技術資産ナレッジを活用しなければならず、そのためには棚卸しによる整理、活用と技術の更なる深掘りを行っていかなければなりません。まず、有るもの無いもの、持っているものを持っていないものを明らかにしなければ何も始まりません。そして、属人化したもの、暗黙知を形式知にして共有化していかなければ人と共に技術やナレッジも消えて行ってしまいます。いったん失ったものを取り戻すのは棚卸しや継承の何倍もの時間と労力を要します。
 棚卸しを行うことで、技術資産、ナレッジを全体視することができ、その関係性も含めたより深い解析、検討が可能となります。そうすることで共有することができ、本当の意味での技術資産、ナレッジとして活用することができるようになります。また、様々な視点で解析、評価することで新たな価値も見い出すことができます。そして、それらの解析結果と事業戦略を合わせることで新たな事業の柱が生まれます。
 棚卸しは単なるリスト作りではありません。目的を持って、使うこと、活用すること、発展させることを意識した観点、視点が重要となります。 コンサルティング実行においては、技術、ナレッジの棚卸しを実行していくことを軸とすると共に自立継続基盤形成という教育的側面を両輪として実施していきます。言うなれば、技術資産活用プロジェクトのOJTということになります。


  主な実施項目例

  • ・方針、スコープ設定
  • ・現状確認
  • ・集約と整理(リスト化、マップ化)
  • ・解析
  • ・活用戦略策定



  • 方針・スコープ設定
  •  
    ・目的、用途確認
    ・活用シミュレーション
    ・スコープ(対象範囲)設定
    ・基本方針、戦略策定

  • 現状確認
  •  
    ・既存情報確認(社内報告、社外発表)
    ・ヒアリング(部門、階層)
    ・掘り起こし抽出
    ・想起ディスカッション
    ・課題確認

  • 集約と整理
  •  
    ・リスト化(分類、グルーピング)
    ・MECEチェック
    ・シート化(項目、基準、観点設定)
    ・スコアリング
    ・マップ化(視点検討、軸設定、スケールファクター設定)
    ・紐づけ(設備、人、商品、事業、部署)

  • 解析
  •  
    ・SW分析
    ・分布解析
    ・マーケット解析
    ・インパクトファクター解析
    ・軸、スケール検証
    ・棚卸しシート作成

  • 全体戦略検討
  •  
    ・方針、スコープとの整合検証
    ・活用モデル確認
    ・現場フィードバック
    ・経営、事業戦略へのフィードバック
    ・全体戦略策定

棚卸し結果活用へ


 これはほんの一例です。研究開発・技術に関することならなんなりとお気軽にご相談ください。




コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL