TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

熟練技術者など特定の人材に頼っており定年後が不安

 
  •  

    組織や技術が属人的になっている
    特定の人(ベテラン)に頼っている
    経験と勘頼みになっている
    ノウハウ、ナレッジが共有できていない
    後継者が育っていない


 詳細を把握しているのが特定の人員になってしまっており、結局いつも特定の人にしかトラブル解決ができない。トラブルに対応できる知識、スキル、経験を持っている人が限られていて、技術や製造のナレッジ、ノウハウが特定の人に偏って属人化している。このような状況のため、後継人材が育っておらず、将来に大きな不安を抱えている企業が数多くあります。

 


この背景にはこんな原因があります

・特定の人に頼る組織体制
・ナレッジ、ノウハウの属人化
・計画的な後継者育成体制の不備
・情報の整理と共有化ができていない
・できれば良い、解決すれば良いという雰囲気




では、どうすれば良いか

・ノウハウ、ナレッジの共有化
・計画的、継続的な後継者育成
・経験や勘に頼らない

などとは言われますが、実はノウハウやナレッジを持っている人材本たち自身もその本質を理解できているわけではなく、経験と勘といった感覚に頼っているという現実があります。また、属人化、集中化しているために後継者を育成する余裕も無ければ、組織としてそれをバックするシステムも無いということもあります。しかし、ノウハウやナレッジの共有化、後継者育成、技術継承は気御用存続のためには必要不可欠です。
 そのようなときにこそ、様々な知識と経験を持った専門家アドバイザーを活用することで、保有技術、ナレッジの可視化と整理、共有化を行い、暗黙知を形式知化して現場トラブルの効率的で根本的解決と共に承継と育成を行います。

すなわち、

・ナレッジマネジメントシステムの構築
・技術継承、後継者育成制度の構築
・多能化の推進




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

   ・解決法、対策提案
 ・真の原因究明
 ・トラブル(現象)の可視化
 ・人材育成
 ・仕組みの改善
 ・情報の棚卸しと集約(現場調査、情報の整理・解析)
 ・供給メーカー対応
 ・原因究明の方法、解決策の考え方の指導
 ・潜在原因の可視化と対策
 ・属人的ナレッジ、知恵、暗黙知の文章・知識化、形式知化


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。



 

製造トラブル解決・生産現場改善のための技術コンサルティング例

  不良発生の原因を究明し、対策を知りたい
歩留まりを向上したい
なぜその製品が不良となったのか究明したい
製品の品質を改善、向上したい
ナレッジ(ノウハウ、テクニック)、暗黙知の形式知化、マニュアル化をしたい
様々な製造トラブルが頻発する状況を改善、改革したい
解決したはずのトラブルが再発する
類似のトラブルが発生しても、解決できない
特定の人員、ライン、設備等にトラブルが集中する
熟練技術者など特定の人材に頼っており定年後が不安
なぜトラブルが解決できたかわからない
顧客クレームですぐに対応しなければならない
 

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL