TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

類似のトラブルが発生しても、解決できない

 
  •  

    類似のトラブルが繰り返される
    同様の対策では解決しない
    何が以前と違うか分からない
    これ以上対策が思いつかない
    トラブルがどんどん派生していく


 周辺も含めて対策はしたはずなのに、類似トラブルが無くならない、、形を変えながら類似トラブルが繰り返される。解決済みだと考えていたトラブルだと思っていても同様の対策では解決せず、何が違うのかも分からない。結局は原因究明が不完全であることは分かっていても、どうして良いか分からない。このような状況は、時間に追われている現場ではそれほど珍しいことではありません。
 トラブル、問題解決においては、真の原因を究明して解決しなければ再発の危険性があることはもちろん、技術蓄積にもなりません。

 


この背景にはこんな原因があります

・真の原因が究明されていない
・うわべのその場しのぎ対応になっている
・経験と勘に頼っている
・思考や発想が固定化されている
・論理的、客観的にアプローチできていない




では、どうすれば良いか

・真の原因まで徹底的に深掘りする
・その場しのぎのパッチワーク対策をしない
・経験や勘に頼らず論理的、客観的に考える

などとは言われますが、現場としては十分の検討して考えているつもりでもトラブルが止まらないから困っているというのが本音でしょう。確かに現場としてはできる限りのことは無い時間を振り絞ってやっているのは事実かもしれませんが、原因究明や対策検討のアプローチや考え方、方法が間違っていることも多いというのが実態です。トラブル対応は適切な方法で行わなければ更なるトラブルの種を生み出しかねません。
 そのようなときにこそ、多種多様な分野の知識と経験に基づく豊富な問題解決経験でトラブルの原因を可視化して解決してきた専門家の助けを借りることでトラブル発生の負のスパイラルが打開できます。 

すなわち、

・類似トラブルまで想定した対策
・本当の論理的、客観的アプローチ
・根本原因究明から対策までのシステム構築




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

   ・解決法、対策提案
 ・真の原因究明
 ・トラブル(現象)の可視化
 ・人材育成
 ・仕組みの改善
 ・情報の棚卸しと集約(現場調査、情報の整理・解析)
 ・供給メーカー対応
 ・原因究明の方法、解決策の考え方の指導
 ・潜在原因の可視化と対策
 ・属人的ナレッジ、知恵、暗黙知の文章・知識化、形式知化


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。



 

製造トラブル解決・生産現場改善のための技術コンサルティング例

  不良発生の原因を究明し、対策を知りたい
歩留まりを向上したい
なぜその製品が不良となったのか究明したい
製品の品質を改善、向上したい
ナレッジ(ノウハウ、テクニック)、暗黙知の形式知化、マニュアル化をしたい
様々な製造トラブルが頻発する状況を改善、改革したい
解決したはずのトラブルが再発する
類似のトラブルが発生しても、解決できない
特定の人員、ライン、設備等にトラブルが集中する
熟練技術者など特定の人材に頼っており定年後が不安
なぜトラブルが解決できたかわからない
顧客クレームですぐに対応しなければならない
 

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL