TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>

新規事業、研究開発、新商品のための戦略コンサルティング

 
JRLは、
 貴社の持続的発展成長に必要不可欠な時代を担う新事業、新商品、新技術を生み出す企画、立案、研究開発を確実に実現する総合技術コンサルティングを提供します。
 

 事業を拡大し成長していくためはもちろん、維持継続していくためにも、新規事業や新商品、ヒット商品の開発を行っていくことは必要不可欠です。そして、それらの新規事業や新商品を実現していくためには、これら新たなビジネスの芽を生む種である研究開発テーマの探索が極めて重要となります。テーマ探索と選択においては、マーケティング事業戦略に合わせたビジネスモデルの構築が必要です。そして、その実行を助けるフレームワークに代表される様々なツールや基本となるプロセス、手順があります。

 しかし、自分たちだけでは既存事業の枠を超える発想を生むことは極めて困難であり、どうしても延長線上や改良の域を超えません。こういったことを考慮して、多角化の名のもとに他分野を絶対条件として開発を進めても、そのほとんどは事前準備や情報不足の状態での他分野ありきの思考であるために博打と同じ状態となって失敗することが常です。そのため、本当の意味で新規事業と呼べるほどのブレークスルーに繋がらないことが多くのケースで見られます。

 JRLでは、多分野にわたる経験と知識、そして、論理的で客観的な判断によって、シーズ探索ニーズ調査を行い、分野トレンド解析技術ロードマップなども踏まえて、ブレークスルーを生む新規事業、新商品、そして、これらを実現する研究開発テーマを提案します。さらに、それらを具現化していくための研究開発技術コンサルティング、商品化、事業化コンサルティングを行います。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



このようなことにお悩み、課題をお持ちのクライアント様は是非ご相談ください。


新規事業、研究開発、新商品のための戦略コンサルティング例

  新たな柱となる新規事業の創出を相談したい
新たな柱となるような開発テーマ探索と計画策定を相談したい
異分野の知識、情報を戦略策定や計画に取り込みたい
真の目的に合わせた最適戦略と実現計画を策定したい
設定した目標、計画のをより効率的で確実なものにしたい
目的・目標設定ができない、真の目標となっているか不安
画期的な新規事業、新商品、新テーマが社内から出てこない
既存事業の延長線、改良の枠から抜け出せない
分野が偏っており、他分野の情報を取り込みたい
要素技術は開発したが、上手く商品化、事業化に結び付けられない
新規事業開拓、開発商品の方向性が見出せない
開発、商品化、事業化の方向性が合っているか不安
プロジェクトを推進していく人材が足りない、いない
戦略、方向性を決めるための情報、知識、アドバイスが欲しい
保有技術、知恵、ナレッジを上手く活用できない


このような事例に対して、例えば以下の例のようなソリューションを提供いたします。

   ・ナレッジ、技術の棚卸し
 ・知財の評価戦略策定、知財化支援
 ・トレンド解析
 ・ロードマック策定、解析
 ・経営、事業戦略策定
 ・研究開発、新商品開発戦略策定
 ・商品化、事業化コンサルティング
 ・プロジェクトマネジメント指導
 ・シーズ探索、調査、抽出
 ・ニーズ調査、解析、開発へのフィードバック
 ・ターゲット調査と選定

コンサルティング事例
 新規事業・新商品アイデア・テーマ企画創出コンサルティング
 技術・ナレッジの棚卸しコンサルティング
 新規事業戦略策定コンサルティング
 計画策定コンサルティング
 人材・組織育成教育(OJT)並行型コンサルティング


もちろん内容については、ご要望に合わせてカスタマイズして最適化します。

これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずは相談ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL