TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>

新規事業・経営戦略策定コンサルティング

 
JRLは、
 貴社の持続的発展成長に必要不可欠な時代を担う新規事業、新商品、新技術を生み出す企画、立案、研究開発を確実に実現する総合技術コンサルティングを提供します。
 

 事業の維持、成長のためには常に新しいものを生み出していくことが必要不可欠であり、そのためには効率的に次の柱となる新規事業を継続的に準備していかなければなりません。そのためどの企業でも新規事業を始める努力がされていますが、現実には既存事業の焼き直し、延長線から脱却できず、気が付くと価格競争に帰着していることも少なくありません。また、チャレンジは必要ですが、博打と紙一重の新規事業計画も多々見られます。

 そのような状況に陥らないためには、予想の確度を如何にして上げるか、そのための情報収集をどのように行うかなど様々な要因が関係します。一方で新規事業には革新性が重要ですが、改良・拡張・革新のバランス、既存事業や全体戦略とのバランスも重要であり、トレンドに流されないことも必要です。新規事業戦略策定においては、正しい考え方、やり方、方法で実施する必要があり、客観的、論理的に評価して判断することも必要不可欠となります。加えて、多面視点での解析と評価、判断が重要であり、全社一丸となって経営と現場が一体とならなければなりません。また、戦略は生ものであり、日々変化する状況に合わせてスピーディーに的確に情勢変化に対応して変化していかなければなりません。そして、絶対の未来予想は存在しないことから、複数のパイプラインを用意しておくことも必要です。そうすることで、より実現性と期待効果を高めた新規事業戦略が生まれます。

 新規事業や新商品を実現していくためには、これら新たなビジネスの芽を生む種である研究開発テーマの探索が極めて重要となります。テーマ探索と選択においては、マーケティング事業戦略に合わせたビジネスモデルの構築が必要です。そして、その実行を助けるフレームワークに代表される様々なツールや基本となるプロセス、手順があります。

 コンサルティング実行においては、新規事業戦略策定を実行していくことを軸とすると共に自立継続基盤形成という教育的側面を両輪として実施していきます。言うなれば、新規事業戦略策定プロジェクトのOJTということになります。


  主な実施項目例

  • ・状況と基本方針確認
  • ・戦略検討
  • ・評価(FS等)
  • ・新規事業候補選定
  • ・計画策定
  • ・既存要因へのフィードバック



  • 状況と基本方針確認
  •  
    ・経営計画確認
    ・既存事業確認(過去、現在、未来予想)
    ・外部環境情報収集と解析
    ・マーケット情報の集約と解析
    ・シーズ候補抽出と整理
    ・ターゲット、出口設定

  • 戦略検討
  •  
    ・テーマ、ビジョン確認
    ・経営戦略、事業戦力確認
    ・要件確認(期待、スケジュール、未来成長)
    ・ビジネスモデル構築
    ・撤退判断(既存事業、新規事業)
    ・脅威の可視化(障害、ボトルネック、内部、外部、コントローラビリティー)
    ・ロードマップ作成(技術、商品、マーケット、社会、リソース)

  • 新規事業候補選定
  •  
    ・アイデアマラソン(視点拡張、OCブレスト)
    ・一次スクリーニング(SWOT、実現度、ハードル、期待値)
    ・評価(スコアリング、ランキング、マッピング)
    ・情報分析(3C分析、リスク&リターン分析、インパクトファクター分析)

  • 計画策定
  •  
    ・スケジュール確認(経営計画)
    ・既存事業計画確認
    ・リソース配分(v.s.既存)
    ・責任者(PM、PL)、担当者選定
    ・部門間調整
    ・経営確認

  • 既存要因へのフィードバック
  •  
    ・経営計画へのFB
    ・既存の他事業へのフィードバック
    ・他PJへのフィードバック
    ・開発、マーケティング、組織戦略へのフィードバック

戦略策定、新規事業創出へ


 これはほんの一例です。研究開発・技術に関することならなんなりとお気軽にご相談ください。




コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL