TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>

販売戦略のための技術コンサルティング

 
JRLは、
 貴社の思いを具現化した技術、商品を市場が求めるソリューションへと完成させる仕掛け、販売戦略を提供します。

 大手企業はもちろんのこと、特に中小企業やベンチャー企業の中にはきわめて優れた技術や商品を持っているにもかかわらず、思うように販売や利益に結びつけることができず、日の目をみずに埋もれてしまっていることが非常にたくさん見られます。この事実が示すことは、どんなに良い技術、商品、サービスであっても、売り方を間違えると存在しないのと同じことだということです。
 問題は、販売戦略と市場との乖離が大きいことにあります。

 こんな時、ほとんどのケースでは、ニーズという言葉を出します。しかし、ニーズには「主観的ニーズ」と「客観的ニーズ」という2種類が存在することはほとんど認識されていません。市場ニーズ、消費者ニーズ、これらの良く使われる言葉は、本来的には客観的ニーズですが、多くのケースで主観的ニーズを持ち込んでいます。ここで言う主観とは、作り手、売り手側の思いです。

 しかし、残念ながら、作り手、売り手、買い手の間には非常に大きな乖離、「デスバレー(死の谷)」が存在するのです。作り手、売り手の思いの具現である性能や機能が買い手の希望、問題を解決するソリューションになっていなければなりません。ところが、現実には作り手、売り手、買い手の思いはバラバラのままで、技術や商品はニーズを満たすソリューションにはなっていません。

 売るためには、仕掛け、戦略が必要です。そして、売れているもの、受け入れられているものには理由があるのです。JRLは、貴社の生み出した商品、サービスを市場、消費者求めるソリューションへと進化させるための販売戦略をご提供します。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。




このようなことにお悩み、課題をお持ちのクライアント様は是非ご相談ください。

   ・絶対に売れるはずの商品、技術なのに売れない
 ・同分野の商品やサービスは売れているのに、自分たちのものだけ売れない
 ・商品、技術はできたが、売り方が分からない
 ・どうすれば売れるかわからない。
 ・展示会を活用したいが、どう売り込めば良いか分からない。
 ・何としても売りたい、売らなければならないものがある。
 ・「待ち」から「攻め」に転じたい。


このような事例に対して、例えば以下の例のようなソリューションを提供いたします。

   ・販売戦略コンサルティング
 ・オンリーワン創生コンサルティング
 ・展示会、イベント活用コンサルティング
 ・広告戦略コンサルティング
 ・ホームページ戦略コンサルティング
 ・ニーズ調査と購買欲化
 ・市場性調査
 ・機能、性能のソリューション化
 ・ニーズ創造

もちろん内容については、ご要望に合わせてカスタマイズして最適化します。
これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずは相談ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL