TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

コストダウン、効率化のために、どこに投資すれば良いか分からない

 
  • どこが、ポイント、キーとなのか分からない
    苦労と投資に効果が見合わない
    リソースが分散して全て中途半端になる
    優先順位、重要度が判断できない
    誰も決められない


 効率化、コストダウン、安全対策などどのような現場改善であっても、予算、人員、時間などのリソースの投資が必要となります。リソースは全てにおいて限られたものであり、仮に十分なリソースがあったとしても、優先度や使い方を間違えば途端に足りなくなってしまいます。
 しかし、実際には部門や立場で優先度の判断は異なり、会社全体を俯瞰して、未来を予測しながら最適なリソース配分をすることは容易ではありません。場合によって、部門間での衝突ということも珍しくありません。

 


この背景にはこんな原因があります

・重箱の隅に囚われて全体が見えていない
・調整と妥協で非効率的な施策になっている
・自部門の基準で考えている
・即物的な思考、判断になっている
・情報が深掘りできておらず本質が見えてない




では、どうすれば良いか

・最も効率的で効果的なポイントを見つける
・全体最適思考で考える
・対象を深く掘り下げて本質を見極める

などとは言われますが、深く掘り下げて十分に考えているつもりでもそのポイントが分からず苦労しているのであり、どうしても自分の立場で考えてしまうものです。しかし、だからといって貴重なリソースを無駄にするわけにはいきません。リソースを有効に活用するとともに、確実にその効果を生まなければ市場で生き残れません。
 そんなときにこそ、多種多様な実務、コンサルティング経験を持って、様々な戦略立案、改善を実行、実現してきた専門家に相談することが有効となります。

すなわち、

・俯瞰視点と深掘りによる全体構造の可視化
・多面的複眼思考
・波及効果と未来視点の施策




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

   ・現状(問題、課題)の可視化(見える化)
 ・不良、トラブルの可視化
 ・アセスメント(診断)
   デッドタイムアセスメント
   空間アセスメント
   人員アセスメント
   設備アセスメント
 ・マニュアル作成
 ・安全教育
 ・5S教育
 ・教育訓練
 ・配置(人員、設備等)診断
 ・無駄の洗い出し
 ・トラブル情報管理と活用
 ・ボトルネックアセスメント(診断)と対策


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。




研究開発、技術開発のための技術コンサルティング例

  現場の無駄を洗い出し、改善したい
従業員、現場の意識改革をしたい
コスト削減がしたい、上手く行かない
現場の納得、協力が得られない
コストダウン、効率化のために、どこに投資すれば良いか分からない
効率化のために投資したが、効果が実感できない
不良やトラブル、事故の発生数が減らない
効率化、コストダウンなどの改善で競争力をアップしたい
技術継承を確実に行っていきたい    

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL