TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

従業員、現場の意識改革をしたい

 
  • 現場との意識に乖離がある
    担当者、部署ごとに温度差がある
    現場の納得が得られない
    自らのこととして考えていない
    何処か他人事のように思っている


  効率化のための改善、安全対策や品質向上策など様々なことを考えても、最終的に実行するのは一人一人の従業員であり、当事者たちが危機感を共有してより良くしていこうという意識を持っていなければ効果は得られません。いくら理路整然と懇々と説明して、説得しようとしても感情で拒否されてしまってはお手上げです。一人一人の従業員、ここの現場の意識が変わらなければ変化は起きません。
 しかし、利害関係が潜在的に存在する担当者同士や、上司部下、管理部門と製造現場など当事者同士ではほんの些細なことから大きな亀裂が生じてしまうことも珍しくありません。そして、一度不信感が生まれればその修復は至難のこととなります。

 


この背景にはこんな原因があります

・危機感、当事者意識の欠如
・指示待ち体質
・コミュニケーション不足
・改善意識、向上心の欠落
・日常業務に流されている




では、どうすれば良いか

・当事者意識と危機感を持って常に考え行動する
・高い目標を持つ
・緊密なコミュニケーション

などとは言われますが、それまでの経緯や感情も関与してくるような状況では、もはや正論だけで議論することは難しい状況になっていることも少なくありません。そんな状況になってしまっては、当事者だけでてシコリを大きくしていくだけになってしまいます。
 そんなときにこそ、どちらの立場も理解し、中立の立場で調整していくことができる第3者が入ることで、軋轢を解消し、双方が「うれしさ」、効果を実感できる調整が可能となります。

すなわち、

・目的、うれしさをセットにした明確な目標設定
・改善意識の日常への埋め込み
・共感と納得から成る深いコミュニケーション




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

   ・現状(問題、課題)の可視化(見える化)
 ・不良、トラブルの可視化
 ・アセスメント(診断)
   デッドタイムアセスメント
   空間アセスメント
   人員アセスメント
   設備アセスメント
 ・マニュアル作成
 ・安全教育
 ・5S教育
 ・教育訓練
 ・配置(人員、設備等)診断
 ・無駄の洗い出し
 ・トラブル情報管理と活用
 ・ボトルネックアセスメント(診断)と対策


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。




研究開発、技術開発のための技術コンサルティング例

  現場の無駄を洗い出し、改善したい
従業員、現場の意識改革をしたい
コスト削減がしたい、上手く行かない
現場の納得、協力が得られない
コストダウン、効率化のために、どこに投資すれば良いか分からない
効率化のために投資したが、効果が実感できない
不良やトラブル、事故の発生数が減らない
効率化、コストダウンなどの改善で競争力をアップしたい
技術継承を確実に行っていきたい    

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL