TOP>人材育成:人事研修・講習、講演> インハウスセミナー(研修・講習会)のご案内>


JRLのインハウスセミナーで全体の底上げ、一気にレベルアップを実現

技術者向けプレゼンテーションの基礎とノウハウセミナー・講習会(演習付)

 
成果は正しく認知されて初めて価値を得ます

結果を成果にする

伝わり、響くプレゼンテーションの実現

 

 現代社会においては、一人ですべてが閉じることは皆無であり、上司・同僚・部下、顧客など様々な相手に伝える、すなわち、組織の内外を問わず日常的に様々なプレゼンテーションを行う必要があります。社内会議や報告会などはもちろん、上司への日々の軽微な報告などもプレゼンテーション能力が必要となります。また、社外では学会や技術紹介、顧客への説明など、いずれも会社の代表としてのプレゼンテーション力が要求されます。そして、いずれにおいても、内容を理解、認知、承認されてこそ成果になります。

 プレゼンテーションは、テーマ、ストーリー、論理構成が基盤であり、そこにセオリー、テクニックといった要素が加わります。そして、準備から本番のパフォーマンスに至るまで、様々なノウハウコツポイントを交えながら内容と相手に合わせたものでなければなりません。ましてや、技術者・研究者に要求されるプレゼンテーションにおいては、まず専門知識や技術、結果をわかりやすく説明する必要があるにもかかわらず、発信に偏ってしまっていて伝えるということができておらず、せっかくの努力の成果が日の目を見ない状況を招いてしまっています。新しい技術や結果は伝えることは容易ではありません。しかし残念ながら、多くのプレゼンテーションに関する解説書や研修、セミナーは、主として専門知識や新しい技術を扱う技術者・研究者特有の事情については考慮されていません。

 本講座では、このような技術プレゼンテーションの特異性をふまえながら、単なる情報発信ではなく、理解させ、納得させて人を動かすことができる伝わるプレゼンテーションの極意とノウハウを論理的に解説します。加えて、講義による学習と同時に演習も行うことで、更なるプレゼンテーション能力の向上を実現します。



一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します


主な対象
 ・自身の成果を伝える人
 ・専門知識をプレゼンする必要のある人
 ・成果を伝えられない、認められない人
 ・結果報告、技術報告が下手だと言われる人
 ・人前で話し慣れていない人
 ・部下等のプレゼンを指導する人
 ・新入社員、中堅、管理層や経営層まで
   など
 
修得できること
 ・伝わるプレゼンテーション力
 ・説得力、承認獲得力、ストーリー力
 ・結果を成果にすることができるプレゼンテーション力
 ・論理的思考力
 ・結果を成果に昇華するスキル
 ・人前で話すことを楽しめる自信、聞き手を惹きつける伝え方
 など


  特徴

  • 豊富な経験に基づくノウハウ、コツ
  • 内容の充実に軸足を置いた講義
  • 理解させ、納得させて、行動を促すプレゼンテーションの実現
  • 演習による理解と実践力の修得
  • 伝わる表現方法、伝え方の修得


【主な構成項目】

1.イントロダクション(定義)
 1.1 プレゼンテーションとは
 1.2 3大プレゼン
 1.3 プレゼンの3要素
 1.4 プレゼンテーションの定義

2.技術プレゼンの基本 (コツ・ポイント)
 2.1 専門知識をわかりやすく伝えるには?
 2.1 根本にあるもの
 2.2 ゴールを示す
 2.3 ストーリー在りき
 2.4 演習(目的の確認~)
 2.5 プレゼンの基本構成
 2.6 構成要素
 2.7 論理性と理解の基盤
 2.8 テーマを共有する
   ―まずは目的ありき
 2.9 前提条件(背景)や課題を共有する
   ―聴講者の立場・目的・要求を考える
 2.10 伝えたいことは何か
 2.11 演習(テーマの確認~)
 2.12 欲求の実現
 2.13 聴講者はカボチャか
 2.14 不安と緊張
 2.15 緊張を和らげる
 2.16 上手に話す?
 2.17 プレゼンテーションの基本

3.プレゼンを成功に導く準備
 3.1 段取り8割
 3.2 書き出し&ランク付け
 3.3 演習(リスティング&ランキング~)
 3.4 構造的であること
   ―プレゼン全体像の可視化・整理
 3.5 3パート構成
 3.6 起〇〇結
 3.7 1イシュー/スライド
 3.8 ワンフレーズ化
 3.9 演習(~ワンフレーズ化)
 3.10 いきなりパワポ?
    ―PPTの前に考えておくべきこと
 3.11 練習法
 3.12 必要なことを伝えるために
   ―情報の取捨選択・ノイズの見極めと表現の工夫
 3.12 演習(練習方法の確認~)
 3.13 キーマンとフォロワー
 3.14 演習(キーマン&フォロワーの確認~)
 3.15 プレゼンを成功に導く準備

4.イントロの考え方
 4.1 プレゼンの良し悪しはイントロで決まる
 4.2 イントロの条件
 4.3 2つのイントロ
 4.4 演習(イントロ作成)
 4.5 共感の土台形成
 4.6 言葉の壁
 4.7 情報の構成
 4.8 前提条件を共有する

5.伝わるプレゼンの構成とストーリー
 5.1 全体から細部へ
 5.2 報告型プレゼンの構成とストーリーの立て方
 5.3 教育型プレゼンの構成とストーリーの立て方
 5.4 承認型プレゼンの構成とストーリーの立て方
 5.5 演習(~構成の確認)
 5.6 聴講者との思考プロセス共有のために
 5.7 考えの伝え方
   ―伝わり難い言葉・誤解を生む言葉とは?
 5.8 具体化と抽象化の使い分け
 5.9 情報の階層化
 5.10 3態変化
 5.11 イメージを想起させる
 5.12 演習(~情報の整理)
 5.13 要約と対比・例示・置換テクニック
 5.14 演習(~要約の実際)
 5.15 小結論
 5.16 聴講者に問いかけるテクニック
 5.17 心に響くプレゼン(伝わるプレゼン)
   ―重要な要素とは?

6.伝わるスライド
 6.1 なぜスライドにするのか
 6.2 色の使い方
 6.3 フォントの使い方
 6.4 イメージ化
   ―文字・文章をわかりやすく表現するために
 6.5 迷子にさせない
 6.6 グラフの工夫
 6.7 結果・データの伝え方
 6.8 Five line rule
 6.9 Three second rule
 6.10 統一感
 6.11 伝わるスライドの要点とは?

7.より良いパフォーマンスを身に付ける
 7.1 あなたも情報の一部
 7.2 いくつかのちょっとしたテクニック
 7.3 Passion
 7.4 「つかみ」で掴む
 7.5 「間」のとり方
 7.6 ポイントシグナル
   ―聴講者へのシグナルの送り方
 7.7 「転」でこける
 7.8 パフォーマンスの要点とは?

8.コミュニケーションのコツ
 8.1 プレゼンはコミュケーションである
 8.2 共感(Sympathy & Empathy)
 8.3 アイコンタクトのとり方
 8.4 攻撃的な人への対処
 8.5 コミュニケーションの要点とは?

9.質疑への対応法
 9.1 回答の基本姿勢
 9.1 否定的発言が出たときには?
 9.2 異なる意見が出たときには?
 9.3 相手の勘違い?

10.質疑

11.まとめ

12.演習(~ショートプレゼン)

     など

 

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL