TOP>人材育成:人事研修・講習、講演>自己啓発研修・講習、セミナー、講演会>

実験の考え方と計画、実務セミナー・講習会

 
確実に結果を得るための実験の考え方

効率的な実験のための計画の立て方

正しい実験実務の実施と適切な解析・解釈
 

 研究開発、商品開発などR&Dにおいて実験は必要不可欠なものです。そして、開発においてはスピードと効率性、確実性が要求されており、その実現を左右する最も重要なものの一つが実験であると言えます。そのため、実験計画法などの研修や教育も行われています。しかし残念ながらそういった研修の多くは個別的なテクニックでしかありません。

 最も必要とされる、実験ノウハウや、実験そのものの考え方、計画の立て方など、実験実務は現場任せ、本人任せとなっています。そのため、それぞれが自己流で実験技術を蓄積していくため、レベルもバラバラで、部署として、会社としての蓄積も生まれません。その結果、人員間、部署間でのバラつきはもちろん、属人的となることで実験技術の継承が行われず、時間軸でのバラツキも生んでしまいます。

 本セミナー、講習会では、従来のような単なる実験テクニックだけではなく、実験そのものの考え方計画の立て方、実験実務の進め方といった、根幹部分に重点を置いて、さらには、それらを如何にして教育、継承していくかという点についても詳細に解説します。そして、実際に実験計画の立案などの演習を行うことで知識を血肉として実務に貢献します。



一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します


主な対象
・若手、中堅層
・開発部署の管理者
・効率的な実験が考えられない人
・計画通りに実験できない人
・実験アイデアが浮かばない人
  など
 
ゴール(目指す姿)
・効率的実験計画法の修得
・実行性のある実験計画の策定
・仮説構築、検証力の向上
・計画的、効率的実験の定着
・実験ノウハウ、技術の共有化
 など

  特徴

  • 目的志向による実験計画の定着
  • 論理思考による効率の向上
  • 仮説設定による実験デザイン
  • ストーリー思考によるシナリオメイク
  • 実験効率化による開発力向上


【学ぶこと】
  • 実験の目的、目標設定
  • イシュードリブン思考
  • パラレル計画法
  • 実行的計画策定法
  • 絵コンテ計画法
  • 実験項目、マトリクスの整理法
【主な構成項目】
  • 仮説構築法
  • 仮説検証法
  • シナリオメイク法
  • 目的設定法
  • 目標設定法
  • 実験アイデアの考え方
  • 実験条件の考え方
  • 実験方法の考え方
  • 実験結果の解析、解釈法
  • データの整理法
  • 時間管理法
  • クリティカルイシュー思考法
  • 進捗管理法
  • イメージ思考
  • 実験と思考のバランス
  • リソースマネジメント
  • リスクマネジメント
  • 実験シートの考え方と活用法
  • 逆走型計画法
  • 情報の収集と整理法
  • 全体計画と個別計画
  • 長期視点と短期視点
  • 日、週、月の計画
  • 実験の種類
     など

 

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL