TOP>人材育成:人事研修・講習、講演>自己啓発研修・講習、セミナー、講演会>

職場コミュニケーション、情報共有改善向上セミナー・講習会

 
シナジー、組織力発揮、業務円滑化には

情報共有、コミュニケーションが

最も重要であり、基盤となります
 

 コミュニケーションは、経団連など様々な調査でもほとんどの企業で企業の職場、現場において最も重要なものの一つであると認識されています。そのため、採用時においてもほぼ全てのコミュニケーションは重要な要素として位置付けられています。これらの結果が示す通り、情報共有はもちろん、シナジー効果組織力の発揮業務の円滑化など、コミュニケーションが企業活動における全ての基盤になっていることは誰もが認めるところです。

 このような背景から、一部の企業ではコミュニケーション関連の研修等が実施されていますが、現実には日常会話の範疇から抜け出せていない一般向けのコミュニケーション講習の延長線上の内容ばかりです。確かに、表情や発声、聞く(傾聴というワードは呪文のように出てきます)は重要ですが、これらはすべて単なるスキルでしかなく、本を読んでも理解できることばかりです。本当に必要な企業活動、業務、現場におけるコミュニケーション、上司と部下、異世代間など制限された環境におけるコミュニケーションについては全く触れられていません。そのため、一般的な研修や講習会を行っても期待した効果が得られないのです。

 本セミナー、講習会では、話す、聞くといったスキルなどのコミュニケーションの基礎から、企業業務に特化した職場コミュニケーション異世代・層間コミュニケーションの基本、実践について詳細に解説します。そして、様々な状況を想定したケーススタディー実践ワークショップを行うことで知識を血肉として実務に貢献します。



一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します


主な対象
・新入社員、若手、中堅層
・管理職、マネジャー
・部下(上司)との関係に悩んでいる人
・組織シナジーを向上したい企業
・職場、現場の活気を向上したい企業
  など
 
ゴール(目指す姿)
・自然で日常的な職場コミュニケーション
・情報共有の定常化
・「あうん」、暗黙の意思疎通
・世代、立場を超えた組織の一体化
・活気ある職場、現場の実現
 など

  特徴

  • 心理学的観点
  • コミュニケーション理論の導入
  • 理論、スキルと現場のリンク
  • 世代、立場、状況に合わせたコミュニケーション法
  • 業務円滑化、職場活性化、組織力向上


【学ぶこと】
  • コミュニケーションの基本と現場実践
  • 様々なコミュニケーション
  • 意識ギャップの 原因と対応
  • 話し方、聞き方
  • 現場実務とのリンクとフィードバック
【主な構成項目】
  • コミュニケーションの基本
  • コミュニケーションの考え方
  • コミュニケーションの7要素
  • 基本となるコミュニケーションの方法
  • ジェネレーションギャップとは
  • ギャップの背景と原因
  • 価値観の関係
  • 時代背景の関係
  • 環境要因
  • パーソナリティーの捉え方
  • 未来(将来)感の影響
  • 本当の傾聴
  • 様々な「きく」
  • 話し方
  • 叱り方
  • 褒め方
  • 指示、命令、依頼のルール
  • 雑談のルール
  • 会話比率
  • 情報共有の方法
  • 説明、説得
  • 説得と納得
  • 打ち合わせ、会議の種類の使い分け
  • 会議の基本とルール
  • 「思い」の伝え方
  • 「思い」の読み方
  • 伝えいこと、聞きたいこと
  • 誤解の原因と解き方
  • 認知バイアスの罠
  • 表情、視線の作り方
  • アイコミュニケーション
  • 非言語コミュニケーション
  • フラットコミュニケーション
  • 現代版飲みニケーション
  • 朝礼、夕礼(終礼)
  • ランチコミュニケーション、BFコミュニケーション
  • サンクスカード
     など

 

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL