TOP>解説・講義>分析評価・解析 (解説・講習、講義)>

分析事例(手順)

 

 分析が必要となる場面には様々なものがあり、それぞれのケースについて最適な分析の手順を考えなければなりません。例えば、不良品が発生した、製造工程にトラブルが発生したような緊急性を要する場合や、研究開発過程も含めて製造物、試作品の解析や評価を行うようなじっくりと腰を据えて行うような場合など多種多様です。

 それら全てについてここで解説することは現実的ではありませんので、それらの中でも、比較的活用される割合が高いようなものなどの代表的なものについて、主にどのように分析手順をどのような手法を利用していくことが有効かという点などについて解説していきたいと思います。

 今後も、随時拡充していきますので、ご参考になれば幸いです。



トラブル・不良解析

    異物分析
  接着不良・剥離分析
  劣化分析
  変色分析
  表面・界面分析
  深さ方向分析
  形態観察    

製品・試作品分析

    化学構造分析
  高次構造分析
  形態観察
  発生ガス分析    

 



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL