新型コロナ対応でテレワークコンサルティングを実施しております。 詳細はこちら

 TOP>総合技術コンサルティング>

開発コンサルティング(開発テーマ、新商品、技術創出・加速)

  


新たな柱となる新規事業を生み出す開発テーマ創出
 
新規事業の核となる技術開発、商品開発
 
開発テーマ具現化の効率化と加速



 企業が生き残り、成長していくためには新たな柱となる新規事業を生み出し続けなければなりません。そして、新規事業創出の核となるのが研究開発です。そして、新たな事業に繋がる開発テーマを創出し、技術開発、商品開発を確実に、効率的にスピーディーに実行していく必要があります。
 しかし、現実には成功体験といった過去のしがらみ、偏った知識や経験、思考の呪縛から逃れらず、焼き直しのような開発になってしまっています。また、研究開発そのものの進め方も良くも悪くも過去の踏襲であり、課題を感じつつも変われないという実態もあります。

 研究開発は企業の存続、成長の中核をなすものであり、ここが止まれば企業も止まります。ジャパン・リサーチ・ラボでは、過去にとらわれるのではなく、過去を活かして、豊富な実務経験に基づいて、現場と一体となった開発コンサルティングによって貴社の発展に寄与します。

開発コンサルティングの一例

ものづくり、研究開発のための技術コンサルティング
新商品・技術・事業開発コンサルティング(企画・計画・実行)
開発・実験計画と実行コンサルティング
開発・生産現場の課題抽出と解決コンサルティング
計画策定・実行コンサルティング
アイデア・テーマ・企画創出コンサルティング
シーズ技術の商品化コンサルティング
社内連携プロジェクトコンサルティング
 社外コラボレーション、技術導入相談コンサルティング
アウトソーシング活用コンサルティング
分析評価コンサルティング
 学会報告、論文執筆支援


 JRLでは独自のOJT型コンサルティング(短絡的に答えを示すだけではなく、そのプロセス考え方方法アドバイスることで、最終的には自分達だけで自立的に答えを得られるようになる)を特徴としております。丸投げで答えをアウトソースすることは簡単で、楽に答えを得るできるかもしれません。しかし、答えを得る方法が分からなければ、また同じことを繰り返すだけです。OJT型コンサルティングは言わば並走型コンサルティングです。答えを出すと共に、答えを得るプロセス学び、修得して、最終的には自分たちだけで自立的に行っていけるようになる、極論すれば、最終的にはコンサルティングは不要になることを目指します。


例えば、こんな問題を解決します


お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。




 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ