HOME>人材育成:人事研修・講習、講演>人材育成・人事研修>

研究開発思考力育成研修(セミナー)

 

  • 成果を生み出す技術思考力を育成

    道具(知識・情報・結果)を活かす力(思考力)
    仮説とロジックに基づく論理思考力修得
    情熱(パワー)とクールロジックの共育
    多面的複眼視点の獲得
    実務実践活用を実現する技術者による教育


 研究開発において重要なことは数多くありますが、その中で最も重要なことの一つが創造であり、そのために必要不可欠なものが「思考、すなわち、考える力創造する力です。もちろん、知識や情報も必要となりますが、これらはあくまでも思考のための道具でしかありません。いくら良い道具を持っていても、それを使いこなすことができなければ全く意味はありません。

 しかし、思考というスキルは容易に獲得できるものではありません。インターネットを代表とする情報化社会である現代では、知識や情報を得ることは格段に容易となっています。これに対して、思考スキルは正しい訓練を行わなければいつまで努力しても得ることはできません。

 自分では十分に考えているつもりでも論理性の欠落によって相手の理解、納得が得られない。時には自己矛盾に陥って話、主張の途中で辻褄が合わなくなり感情論になってしまう。こんな経験をした人は少なくないはずです。また、先入観や思いが先行して、対象を俯瞰的、総合的に見ることができなければ、様々な可能性を見落として、部分最適や間違った結論を導いてしまいます。そして、思考が論理的ストーリーとならず重箱の隅突きと堂々巡りに入り込んで時間ばかり浪費して成果が出せないという袋小路に捕まってしまうのです。

 特に研究開発で要求される創造思考においては、基盤となる論理性が必要不可欠であることは言うまでもなく、目的志向や、俯瞰力ストーリー力など様々な要素が必要となります。これらのキーワードだけを見ると、解説書やセミナー等も少なからず見受けられます。しかし、それらの多くはキーワードの羅列と言葉としての説明といった机上の空論でしかなく、具体性や実体感、実務感がほとんど理解できないことが少なくありません。これは、従来の執筆者や講師、担当者の多くがいわゆる文系であり、研究開発経験自体が無い、そのために研究開発を行う技術者に必要な研究開発思考力の真実が理解できていないためです。論理思考を説いたとしても、当人がそれによって何かを成し遂げた経験が無ければ上辺の言葉の説明で終わってしまうのは当然です。また、文系ではなく技術系であったとしても同様に当人が正しい経験をしていない、本当の開発思考を理解、実践したことがなければ他社に教えられるはずはありません。
 そのため、読書や研修で言葉の意味や重要であるということがわかっても、実践と全く結びつかず、教育の成果が得られないという問題が生じてしまいます。

 JRLは、単なる思考スキルの解説ではなく、実務に則した実ワークトレーニング、それに基づいた現場での日常的活用訓練を中心として、理解するだけにとどまらない、活用することを主眼とした研究開発思考の育成を行います。技術者が技術者の立場と思想を基盤として研究開発のための実践的研究開発思考力を育成します。


一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します



主な対象
新入社員から経営層まであらゆる階層
実験量ばかり多く成果に結びつかない人
情報が何を意味するのか見い出せない人
仮説思考、論理思考が苦手な人
ゴールに繋がる計画が立てられない人
思考が発散し考えがまとめられない人
 
目指す姿
目的志向でゴール設定し、確実に目標達成できる技術人材
仮説思考でロジックを構築する論理思考力
埋もれた情報を掘り起こす多面的複眼視点
熱い思い(Passion)と冷徹な判断力を兼ね備えた研究者
ストーリー力と俯瞰視点が形作る最適化力
結果を結論にして成果に昇華するアウトプット力

 

  • スタート(課題設定)とゴール(目的、目標設定)を最短最適ルートで繋ぐ仮説思考を育成
  • 仮説思考を支えるロジック構築力(論理思考力)とイメージ思考力を修得
  • 現場を動かして周囲を巻き込む情熱(Passion)、ロジックとファクトに裏付けされた冷徹な判断力を育成
  • 全体を見定める鷹の目(俯瞰力)とあらゆる角度から細部まで多面的に視る蟻の目(複眼視点)を修得
  • 全てを融合する論理思考力で目的を確実に達成できる技術者を育成
  • 研究開発全体を照らす「うれしさ」という基準を創造


構成例 (実務・実践演習を含む)
オリエンテーション

ストーリー思考
  目的志向
  ストーリー力
  スタート&ゴール
  ボトルネックシーク
  アウトプット思考
  逆走思考
           など

仮説思考
  仮説思考とは
  前提基盤
  仮説検証の方法
  仮説とシミュレーション
  仮説と実験
           など

情報整理
  俯瞰力
  複眼視点
  一覧視
  構造化
  分解
           など
実験の真理
  技術型PDCA
  実験≠研究開発
  実験計画の立て方
  絵コンテを埋める
  見る、触る、感じる
  マトリクスとパラメーター
           など

データを読む
  多面視点
  見ると視る
  認知バイアス
  データ俯瞰の方法
  解析の3大視点
  要約力とイメージ化力
           など

論理思考
  論理性とは
  目的の再確認
  フレームワークの本質
  要素分解と推定力
  チャンク思考
  Issue Driven
           など

創造思考の技術
  頭の中を覗く
  アイデアの源泉
  アイデアの可視化
  創造とは:脳で起きていること
  二つのブレスト
  発散と収束
  思考の道具
           など

判断するということ
  インバスケット思考
  「うれしさ」という基準
  予想外、矛盾の意味と価値
  Perfect Close
  失敗の活かし方
  PassionとLogic
           など

結論の導出

アウトプット化

           など

クロージング 

 

JRLがご提供する人材育成の代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL