HOME>人材育成:人事研修・講習、講演>人材育成・人事研修>

技術者のためのプレゼンテーション法教育研修(セミナー)

 

  • 伝え動かすプレゼン力を育成する

    結果を成果にするプレゼンテーション
    情報を整理してまとめる力を修得
    ロジックに基づくストーリー構築力修得
    伝わる表現力の獲得
    データと論理の伝え方の修得


PowerPointは最後の最後


 現代社会においては、一人ですべてが閉じることは皆無であり、上司・同僚・部下、顧客など様々な相手に伝える必要があります。そのため、企業においては、社内、社外を問わず日常的に様々な情報交換、すなわち、あらゆる場面でプレゼンテーションが行われています。社内会議や報告会などはもちろん、上司への日々の軽微な報告、部下への指示などもプレゼンテーション能力が必要となります。また、社外では客先、学会や新製品発表会など、様々なシチュエーションで会社の代表としてのプレゼンテーション力が要求されます。

 いずれにおいても、結果は認知されてこそ成果になります。

 このように、プレゼンテーションスキルは極めて重要なものであるにもかかわらず、ほとんどの企業ではきちんとした体系的なプレゼンテーションの教育はなされていないのが現実です。同じ情報であっても、その伝え方で価値が大きく変化します。プレゼンテーションは、情報量が多ければ良いというわけではなく聞き手に合わせた内容と構成にする必要があります。プレゼンテーションにおいて最も重要なことは、誰に何を伝えたいのか、そして、伝えることによってどういう結果(アクション)を得たいのかというプレゼンテーションの目的とそれを具現化するストーリー構成です。

 すでに様々なプレゼンテーション解説やセミナー等が存在しますが、残念ながらその多くはフォントや色使い、レイアウトなどに代表されるスライドの作り方に重点を置いた小手先のテクニックに限定されるものも少なくありません。確かに見栄え、見やすさも重要ではありますが、それだけではプレゼンテーションにおいて最も重要な目的とストーリーといった内容そのものからかけ離れたものになってしまっています。 プレゼンテーションは、テーマ、ストーリー、論理構成が基盤であり、そこにスライド作りも含めたセオリー、テクニックといった要素が加わります。、そして、準備から本番のパフォーマンスに至るまで、様々なノウハウやコツ、ポイントを交えながら内容と相手に合わせたものでなければなりません。

 まず、明確な目的とストーリー、そして、内容が定まり、それに合わせたスライド作り、見せ方、話し方などのテクニックや配慮で格段に分かりやすく、効果的なプレゼンテーションが完成します。レイアウトはもちろん、色使い、フォントなどほんの些細なことで見栄えだけでなく、完成度が大きく変わります。そして、様々なデータもまとめ方、見せ方一つでその説得力は大きく変わり、プレゼンテーション全体に多大な影響を与えます。しかし、どうレイアウトして、どう見せるのかといった作り込みは内容があって初めて決まるものです。見栄えは必要ですが、それだけでは人は動きません。

 また、技術者・研究者に要求されるプレゼンテーションにおいては、まず専門知識や技術、結果をわかりやすく説明する必要があるにもかかわらず、発信に偏ってしまっていて伝えるということができておらず、せっかくの努力の成果が日の目を見ない状況を招いてしまっています。新しい技術や結果は伝えることは容易ではありません。しかし残念ながら、多くのプレゼンテーションに関する解説書や研修、セミナーは、主として専門知識や新しい技術を扱う技術者・研究者特有の事情については考慮されていません。

 JRLは、伝わるプレゼンテーションのストーリー構築、構成、資料作製から、セオリー、テクニック、そして、パフォーマンスに至るまで、様々なノウハウやコツ、ポイントを交えながら内容と相手に合わせた最も効果的なプレゼンテーション法を提供します。


一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します



主な対象
新入社員から経営層まであらゆる階層
成果を伝えられない、認められない人
会議報告が下手だと言われる人
学会発表等が上手くいかない人
学生(特別講義)
人前で話し慣れていない人
 
目指す姿
聴衆を説得できるプレゼン力
結果を成果にできる伝わるプレゼン力
ファクトとロジックで組み立てるストーリー力
シチュエーションにその場で合わせる生きたプレゼン
人前で話すことを楽しめる自信
部下へのプレゼン教育ができる

 

  • 乾いた地面に水が浸透するように納得させる流れるようなストーリー構成力の育成
  • 「話す」のではなく、Passion(情熱)と強い思いで「語る」熱いプレゼン力
  • 熱い思いを支えるファクトとそれを繋げるロジックストーリーを修得
  • 伝わるスライド、話し方、パフォーマンスなど、豊富なプレゼンテクニックを修得
  • 理解させ、納得を得るためのデータのまとめ方、見せ方を育成


構成例(実務・実践演習を含む)
オリエンテーション

なぜプレゼンをするのか
  プレゼンとは伝えること
  要求と欲求
  3大プレゼンテーション
           など

相手を知る
  聴衆は敵ではない
  誰にプレゼンするのか
  聴衆の求めるもの
           など

ストーリーで語る
  ストーリーは土台
  二つのストーリー
  ストーリー構築は捨てること
  シンプルコンセプト
  起転承結と起結承決
  スタート&ゴール
           など
駄目なプレゼントとは
  言いたいことと聞きたいこと
  キーワードの罠
  過ぎたるは及ばざるが如し
  聞けないは言っていない
  独演会
  一歩進んで二歩戻る
           など

伝わるスライド
  伝わるとは
  スライドは見せるもの
  フレームの活用
  派手≠インパクト
  パッチワークプレゼン
           など

ファクトとロジックで納得させる
  事実と主張
  帰納と演繹
  ロジックという骨格
  evidenceとaccuracy
  客観性と論理性
           など


プレゼンパフォーマンス
  プレゼンはコミュニケーション
  あなたもスライド
  ファーストインプレッション
  立て板に水
  「つかみ」で掴む
  Passion(情熱)
           など

データの見せ方
  グラフの使い分け
  グラフにすれば分かる?
  多い?少ない?
           など

自信の源泉
  自信を生むもの
  聴衆はかぼちゃ?
  練習の方法
           など

質問への対応

目的の達成と成果の獲得

           など

クロージング 

 

JRLがご提供する人材育成の代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL