TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(研究開発・問題解決)>研究開発、問題解決のための技術コンサルティング事例>研究開発のための技術コンサルティング>

良いプロジェクトチームが結成できない

 
  • 気が付くと部署ごとでバラバラ
    各自の主張ばかりでチームの意味が無い
    チームとは名ばかりで一体感が無い
    余計な面倒仕事と思っている
    チャレンジしない


 分野融合や技術の多様性が大きくなっている状況では、複雑なテーマはもちろん日常的に部署を超えたプロジェクトチームによる対応が必要となるケースが増え続けている。しかし、いざプロジェクト化してメンバーを集めてチーム編成をしても、日常業務や部署が優先でプロジェクトが2番手、3番手の存在になってしまうことは少なくない。また、集める時にもどんな人材が適切かが十分検討されておらず、各部署から出せる人が選定されることも多い。
 このような状況では、プロジェクトやチーム自体が名ばかりで、体裁だけ整えて自然消滅という事態になってしまい、期待される成果は到底得ることはできません。

 


この背景にはこんな原因があります

・やらされ仕事意識
・部署間の縄張り意識
・プロジェクトの重要性と価値を理解していない
・体裁だけ整えてやり過ごそうとする意識
・失敗への過度な不安




では、どうすれば良いか

・選ばれた代表と認識する
・部署、担当ではなく全社意識を持つ
・社運を背負っていると理解する

などとは言われますが、何のフォローも無く、「あとはよろしく頼む」の一言で済まされては、モチベーションも生まれなければ、孤立無援で逃げ出したくなるのも仕方がない部分もあります。しかし、現実に社運がかかっているのは事実であり、少なくとも大失敗に終わらせることはできません。
 そんなときにこそ、大小様々なプロジェクトを成功に導いた豊富な知識と経験で必要なメンバー選定でチームを編成し、確実に成果に導くことができる専門家に相談することが有効となります。

すなわち、

・モチベーションを生む使命感の醸成
・プロジェクトにおける明確な役割設定
・前者意識による一体感




JRLがその課題を解決します

JRLのコンサルティングの特徴、詳細はこちらをご覧ください。

例えば以下の例のような課題解決ソリューションを提供いたします。

   ・最適な人選によるチーム編成コンサルティング
 ・PJチームの効果的運営
 ・定期ミーティングの運営
 ・関係者の利害調整
 ・内包された問題の洗い出しと解決
 ・適切な目標、マイルストーンの設定と監理
 ・PJ対象の課題の洗い出しとゴール設定
 ・役割、責任体制のマネジメントコンサルティング
 ・スケジュールマネジメントコンサルティング


まずは、お問い合わせください。
全てはその一歩からスタートします。




研究開発、技術開発のための技術コンサルティング例

  良いプロジェクトチームが結成できない
どういうチーム編成をすれば良いか分からない
身内だけでは、上手くチーム運営ができない
ミーティングが上手くできていない
プロジェクトマネージャー、プロジェクトリーダーがいない

 これらはほんの一例です。課題、お悩みはまず相談ください。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせください
mail



JRL