TOP>総合技術コンサルティング>分析評価コンサルティング>分析・評価コンサルティング、相談メニュー>

分析装置活用に関する相談・コンサルティング

 

 分析装置は年々進歩していますが、装置があるだけでは目的である問題解決や研究開発は進みません。分析装置は、その真価をフルに活用してこそ価値を生むのであり、分析装置を活用するのは、「人」なのです。使うだけ、動かすならマニュアルを見ればできます。しかし、マニュアルにあるのは基本だけであり、あなたの目的や対象に合わせた最適化が必要なのです。

 分析は、大きくは前処理−測定−解析から成立しています。分析装置をフルに活用して、同じ装置を持っていても他者の上を行く成果を得るためには、前処理解析がポイントであり、これを左右するのが人です。

 そして、分析は装置を導入すれば完了というわけにはいきません。環境整備も装置と同様に重要であり、分析に適さない環境でデータを得ても問題を拡大させるだけです。加えて、装置や環境は導入すればすべて終わりではなく、維持管理も重要な要素となります。適切に維持管理されていない装置や環境から生まれるデータは何の価値もありません。

 また、正しい情報を得るためには、誤差要因を知ることも必要不可欠です。あらゆる誤差要因を可視化して、解決を行うことでより正確で正しい情報を得ることができるのです。情報の正しさをコントロールできていなければ、どんな高額な分析装置があっても、問題解決や研究開発はできません。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。




このようなことにお悩み、課題をお持ちのクライアント様は是非ご相談ください。

   ・装置を導入したが、思ったような情報を得ることができない。
 ・自分たちの試料や目的に合った分析装置の使い方が分からない。
 ・データの再現性が悪く、安定した、自信の持てる分析結果を得られない。
 ・マニュアルを見ても前処理や解析については、良くわからない。
 ・基本分析はできるが、ちょっと変わると分からない。
 ・何がどこまで出来てわかるのか、出来る出来ないの判断が分からない。
 ・いつもメーカーエンジニアに任せきり、頼り切りで進歩がない、本当に活用できない。
 ・せっかく装置を導入したのに、結局は外注に頼らければならない。


このような事例に対して、例えば以下の例のようなソリューションを提供いたします。

   ・分析装置活用の総合コンサルティング
 ・前処理、解析方法のコンサルティング
 ・装置、環境、設備の維持管理コンサルティング
 ・対象や目的に合わせた分析の最適化コンサルティング
 ・誤差要因の可視化と解決
 ・応用活用コンサルティング

もちろん内容については、ご要望に合わせてカスタマイズして最適化します。

これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずは相談ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL