TOP>総合技術コンサルティング>分析評価コンサルティング>分析・評価コンサルティング、相談メニュー>

分析会社選択に関する相談・コンサルティング

 

 分析会社にも得手不得手があることは、別項でも説明している通りです。装置を保有している、メニューに載っているから期待する結果が得られるとは限りません。また、企業規模とも絶対的な相関はありません。個人に近いような小規模なところの方が、その特化した専門成から総合分析会社よりも良い結果が得られることもあります。また、担当者(営業、技術)によっても異なります。

 重要なことは、目的に合わせて選定して、使い分けるということです。当たり外れ、良い悪いではなく、得手不得手、適材適所の問題です。予算と時間、そして、貴重なサンプルを無駄にせず、最大限のパフォーマンスで活用することが必要となります。また、当事者同士ではなく、代理人による交渉は不必要な軋轢を回避する最善の方法の一つです。

 このためには、自分の目的や予算などの条件に合った分析会社を適切に選択する必要があります。しかし、初めての依頼や、依頼する分析方法を詳しく知らない場合にはそれは容易なことは出はありません。JRLは、多種多様な分析方法の知識と豊富な経験に基づいて、貴社の問題解決、目的達成に最適な依頼先を見つけ出し、ご提案いたします。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。


 

   ・受託分析会社、分析センターの中でどこを選べば良いか分からない。
 ・どこが、自分の目的に合うのか、得意としているのか分からない。
 ・軋轢を生まずに、上手に交渉したい。
 ・話や説明を聞いても、良くわからない。
 ・保有手法と分析会社の使い分けが上手くできない。


   ・分析会社選択コンサルティング
 ・目的に合わせた分析会社選定リスト作成
 ・代理交渉
 ・担当者ヒアリング
 ・打ち合わせ同席

もちろん内容については、ご要望に合わせてカスタマイズして最適化します。

これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずは相談ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL