TOP>総合技術コンサルティング>分析評価コンサルティング>分析・評価コンサルティング、相談メニュー>

分析結果に関する相談・コンサルティング

 

 分析はあくまでも手段であり、分析結果を得るだけでは意味がありません。結果(値やスペクトルなど)から意味を見出す必要、すなわち、分析結果と目的(問題、課題、開発等)をリンクする必要があります。得られた結果のさらにもう一歩先にこそ、本来の目的を達成できる価値ある情報があるのです。

 しかし、分析と研究開発、製造との間には大きな隔たり、「デスバレー(死の谷)」があります。良くわからないこと(分析)に対して、知りたいこと、分からないことを的確に伝えることは容易なことではありません。

 JRLは、得られた結果から最大限の情報を引き出し、問題・解決の解決、目的達成を実現します。


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



このようなことにお悩み、課題をお持ちのクライアント様は是非ご相談ください。

   ・分析自体は実施でき、結果は得られているが、本来の目的が達成できない。
 ・結果はわかるが、意味が分からない。
 ・疑問はあるが、どう聞いてよいかわからない。
 ・「言えること」、「言えないこと」の境界、限界が分からない。
 ・結果は今一つ消化量不良であるが、何がその原因かが良くわからない。
 ・技術の視点で結果を見て、解釈したい。
 ・結果に不満があるが、専門的な言葉に太刀打ちできず、うやむやで誤魔化されてしまう。


このような事例に対して、例えば以下の例のようなソリューションを提供いたします。

   ・分析と問題解決、研究開発をリンクしてゴール(目的達成)に導きます。
 ・開発の立場で、分析結果に埋もれた真の価値を最大限に引き出します。
 ・分析と開発、製造の両方の立場・視点で、あなたの疑問を解決します。
 ・分析結果と目的の間のデスバレーを埋めます。
 ・あなたと分析担当者を橋渡しとしてリンクします。
 ・時に冷淡で客観的な判断で限界を見極めます。

もちろん内容については、ご要望に合わせてカスタマイズして最適化します。

これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずは相談ください。

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL