TOP>解説・講義>分析評価・解析 (解説・講習、講義)>分析の使い方(本当の分析活用法)>

分析用試料の準備

 
研究開発、問題解決、人材育成はJRLへ  
 

 通常分析を依頼する場合には、依頼先に対して試料(サンプル)を提供することになります。単純に考えれば、この資料提供も梱包して宅配便などで発送すればよいだけということになります。確かに、書類などであれば宛先さえ間違えなければ滅多なことはありません。しかし、分析用試料となると少し話が違ってきます。

 当然ながら、依頼先はその試料について基本的に情報を持ち合わせていませんから、分析を行うにあたっての試料に関する様々な情報を提供する必要があります。測定面の指示、測定場所の指示など極めて重要なことばかりです。また、このような試料に関する情報だけでなく、当然ながら分析依頼の内容についても明確に漏れなく伝える必要があります。そして、見落としがちですが、試料送付においてもいくつかの注意点やコツがあります。

 ここでは、それらについて代表的で重要な点を解説しています。

   測定面の指示
   測定場所の指示
   試料の送付方法



経営資源を有効活用!! 分析を真に活用して研究開発を加速しませんか

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ


分析相談もできる特典満載のJRL会員 ご入会はこちらへ


  •  このページはお役に立ちましたか?

    YES    NO

    ご意見・ご感想




 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL