HOME>人材育成:人事研修・講習、講演>人材育成・人事研修>

若手社員育成のための人事研修

 
  • 人財となる成長基盤を作る時

    自発的に学び成長する自律意識の獲得
    役割を認識した自己管理方法の修得
    先輩、手本となる行動規範の理解と実行
    全体俯瞰と目的志向の思考基盤の形成
    中堅社員へ成長する意識改革


 入社3〜5年目を中心とする若手社員層は、この先の育成の方向、成長の基盤を形成する極めて重要な育成の時期です。成長の基本となる知識と技術(スキル)を学ぶと同時に、今後の自律成長のためにこれらを得るための方法、学習の方法や考え方を学ぶ時期でもあります。このためには、現場において手を動かす、知らないことを理解させることも必要です。
 しかし、それらの経験の価値を認識させる、モチベーションを持って自発的に学ぶ意識を醸成するためには、この若手社員時代に適切な教育の機会を与える必要があります。

 また、新入社員で教育研修によって社会人教育を卒業して若手社員となったことで、より明確に組織の中での自らの役割を認識して行動へと繋げていかなければなりません。この若手の時代を経て、指示を待つ立場から自ら考え行動する自律行動へと移行させなければなりません。そのためには、目的志向による自らの目標設定とそれを実行していくための時間管理自己管理の方法を教育していく必要があります。

 そして、自らのことだけでなく最も身近な先輩社員として新入社員の良き手本となるためにも、指示を的確に理解して確実に行動に移して完遂するという実務者としての役割も確実に行う必要があります。右も左もわからない新入社員にとって、遠い存在の管理者や上司ではなく、いつも身近にいて直接的に関わる若手社員の影響は極めて大きなものです。良い面も悪い面もこの若手層が新入社員の手本となります。このことからも、若手社員教育は彼ら自身はもちろん、新入社員を始めとする身近な人材への影響も含めて重要なものであると言えます。

 自ら成長し、新人の手本となるためには、会社や上司の指示を待っている受け身のやらされ仕事型ではなく、率先垂範自律行動型でなければなりません。そのためには、将来の夢やその実現のためのキャリアパス設計、そして、そこへと繋がる道を進んでいく原動力となるモチベーション創生といった内面的な考え方も身に付ける必要があります。物に溢れた飽熟の時代においては、夢やモチベーションが持たないとは言われますが、本当に若い人たちが夢やモチベーションを持っていないわけではありません。彼ら自身も自らの中に潜在する夢やモチベーションに気づいていない、または、気付かないようにしているだけです。
 だからこそ、自己分析方法を教え、それによって内面の存在を顕在化させるトリガーを若手社員研修の中で与えなければなりません。

 実務の中においても、目的達成のための課題設定力や課題解決のための計画力が必要となります。的確に課題を抽出し、解決へと導く論理思考力や重箱の隅に囚われない全体俯瞰も身に付けさせなければなりません。また、実際の実務の現場で強力な武器となるツールを学ぶことも重要です。そして、組織としてのシナジーを発揮するためにも、前述の役割認識と共にコミュニケーション力の向上も必要不可欠となります。世間(特に若い世代)ではコミュ力というような言い方もされて、彼らのいうコミュ力とは「おもしろ力」であって、社会人に求められるコミュニケーション力は異なる点も理解させる必要があるでしょう。

 このような、現場での武器となるツールや知識、スキルを身に付けさせるとともに、組織の中での役割認識、自己管理(セルフマネジメント)を身に付けさせながら中堅へと育成していくことが新入社員研修には必要とされます。JRLの新入社員研修は、世代間ギャップも意識しながら、若手社員を将来の幹部候補となる中堅社員へと成長させる基盤を形成します。


一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します




主な対象
入社3〜5年目程度
成長基盤の形成期
自己資産(スキル、知識)形成期
 
 
 
目指す姿
組織の中での役割認識と役割形成
モチベーションの源泉となる夢(思い)の認識
3管力(目標管理、時間管理、自己管理)の修得
目的志向型人材
学び方の修得

 

  • 新入社員で得た社会人基礎を完全に定着させ中核人材への基盤を形成
  • 明確な夢、目標を与えること自己成長基盤を獲得
  • 今の自分を知り、知らないこと認知して自律成長へと導く
  • 組織力を生み出せる組織人として役割認識を醸成
  • 明確なロジックと論理展開、実務とのリンクによる納得感に基づいた教育
  • 目的志向の自立学習


構成例 (実務・実践演習を含む)
オリエンテーション

自己管理(セルフマネジメント)
  ストレスマネジメント
  タイムマネジメント
  ドリームメイキング
  モチベーションマネジメント
           など

組織ワークと個人の役割
  チーム力思考
  コミュニケーション力
  コンプライアンス意識
  6 color hats
  報告、相談、質問
  受け身から能動への変革
           など
目的達成のための論理思考
  必須論理思考
  問題発見力と課題設定力
  仮説思考
  本当のフレームワーク
           など

計画と実行
  目的志向
  ゴールの設定法
  「うれしさ」という指標
  逆走型思考
  ディシジョンポイント
  実践型PDCA
           など


成長のための自己観察
  セルフSWOT分析
  役割の認識と創造

成長基盤の確立
  学ぶための方法
  質問力
  情報収集と知識吸収
  コアコンピタンス志向
  レッツチャレンジ
           など

ルールと安全など
  コンプライアンスの再認識
  ルールは自分のためにある
  

未来志向

二つのベクトル

           など

クロージング 

 

JRLがご提供する人材育成の代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL