HOME>人材育成:人事研修・講習、講演>人材育成・人事研修>

内定者、新入社員育成のための人事研修

 
  • 学生を社会人、そして、企業人へ

    ルールと規範、組織の基本を学習
    自律成長のための考え方、学び方を修得
    死の谷を超え戦力とする新入社員研修
    単なる手順教育で人は育たない


 学生と社会人の求められるものの間には、スキルや知識だけでなく、持つべき意識など内面も含めて死の谷(デスバレー)と呼べるほどの差があります。例えばルール一つとっても、大学等でも徐々にコンプライアンス意識や安全意識が高まっているとはいえ、学生の多くは問題や事故にならなければ破っても良いと思っているケースが多々見受けられルの事実です。しかし、社会人にとって会社や社会のルールは絶対であり、当然ながら破っていけない、守って当たり前のものです。内定者、新入社員研修、導入研修では、こんな基本的で根本的、当たり前と言っても良いレベルから存在する死の谷を埋めなければなりせん。

 しかし、昨今の流れとして即戦力化の名のもとにどこかで見たような紋切り型の読み聞かせ教育や多くの場面で単なる手順の教育だけの即席教育だけで、後はOJTでということが行われています。しかし、残念ながらこれでは死の谷は埋まりません。最も時間が無い、忙しいと日々の業務に追われている現場で、どうすればそんな基本的な社会人教育の様なところから十分の育成ができるでしょうか。そんな基本的で当たり前の社会人教育、導入教育こそ、新入社員の集合研修で教育しなければなりません。そして、同時に会社への帰属意識、自律的なものの考え方と行動、コスト意識など、それまで無縁であった考え方や基準を叩き込まなければならないのも内定者や新人研修などの導入研修に求められています。

  新入社員研修に代表される初期導入研修では こういった学生を社会人にするような社会人教育とと共に、業務に必要な基本的な考え方を修得させて戦力として育成することが当然のことながら求められます。「三つ子の魂百まで」という言葉もある通り、新入社員教育、配属後の新人教育は人材を人財に変えることができるか、将来の会社を担う人材を育成できるかを左右する基盤でなる物であり、極めて重要なものです。しかし、現実には手取り足取り教育する余裕が無いのが実情です。

 昨今では、大学でも基本的ルールや時間管理などの社会人教育が行われているケースもあり、一定の成果は得られているという声も聞こえます。しかし、これらはあくまでも大学という組織の中に属する、いわゆる企業とは文化の異なる中での視点、一般論としての教科書教育と呼べるようなものであり、何よりも卒業後の進路に合わせた教育を行うことは困難です。したがって、本当にどこにおいても共通するような、言うなれば社会人というよりも「人」としての基本に近いものがほとんどでもあります。
 このような理由からも新入社員研修による初期導入教育が重要であると同時に、入社後に少しでも早く一人前に育てるためには、今後は内定段階での教育を行うことも検討する必要があると言えます。。

 JRLでは、ここのような考え方も文化も異なる異星人とも呼べる人材である、内定者、新入社員教育に対して、速やかに死の谷を超えて1人前の社会人として、1日も早い戦力とする体系的な新入社員の初期導入教育ソリューションを提供します。以下では、JRLが提供する新入社員向け新人教育の特徴や内容例をご紹介します。JRLの研修は全てオーダーメードを基本としておりますので、貴社の目的、要望に沿って最適な新人研修の内容を提案させて頂きます。


一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します


主な対象
内定者
新入社員〜3年目程度の新人
社会人への意識改革の必要な人材
自社社員としての教育の必要な人材
 
 
目指す姿
スキル獲得と育成のための社会人基盤の獲得
プロへの意識改革
障害を楽しむ強いメンタル
自己の再認識、夢の獲得
即戦力基盤の修得

 

  • 明確なロジックと論理展開に基づく納得と理解
  • 単なるキーワードの羅列ではない実務型教育
  • 学生から社会人、そして、組織人への変革
  • 単なる手順教育ではない参加型の双方向教育
  • 社会人に必要不可欠な論理性(ロジック)の育成
  • 学び方の習得による持続的自己成長基盤の獲得


構成例(実務・実践演習を含む)  
オリエンテーション

学生から社会人へ
  アマチュアからプロへ
  単なる大人から社会人へ
  社会人に求められること
  ストレス、失敗との付き合い方
  時間はコスト
  受け身から能動への変革
           など

安全とコンプライアンス
  なぜ安全は重要か
  KY思想
  コンプライアンス=生命線
  ルールは守るもの
           など

顧客志向とビジネスマナー
  ビジネスマナーの基本
  ユーザーというゴール
  CSは誰のためか
  クレームとは
  「うれしさ」という視点
           など
計画と実行
  目的志向
  ゴールの設定法
  「うれしさ」という指標
  逆走型思考
  ディシジョンポイント
           など

組織人思考
  独立共歩
  社会人コミュニケーション
  組織ワーク思考
  伝聞と報告の違い
           など

今を知り、未来を考える
  セルフSWOT分析
  ドリームメイキング
  レッツチャレンジ
           など
知識と情報の得方
  情報力という武器
  人の頼り方
           など

社会人に必要な考え方
  論理思考(基礎と実践)
  探究心と追及心
  課題視点と課題設定
  不可能は諦めた時に生まれる
  実務のための報連相
  創造を生む欲求
  ファクトで語る
  目的、ゴール、計画、結果
  感性という目利き力
           など

自分投資

存在意義

           など

クロージング 

 

JRLがご提供する人材育成の代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL