HOME>人材育成:人事研修・講習、講演>人材育成・人事研修>

中堅・中核社員育成のための人事研修


  • 会社の原動力を育成する

    最も忙しく、最も学び成長しなければならない
    キャリアパスとコアコンピタンスを形成
    現場リーダー、そして、次期管理者への成長
    自律成長のための自己管理能力の獲得
    育ちながら育てる指導、育成力の修得


 現場、実務の原動力として、文字通り問題解決の先導者、会社のエンジンとして推進力を生み出しているのがこの中核を担う階層である中堅社員です。すなわち、会社の方針、部門の戦略を現場の戦術・作戦として実務に落とし込んで動かしていく会社の活動力の源であると言えます。そして、彼ら中堅社員は次の管理者候補という重要な人材でもあります。

 最も多くのことを深く学び、学んだことを実践としてチャレンジしていかなければならないにも関わらず、現実には最も忙しく、上からの指示、後輩への指導、自らの日々の業務に追われて十分に学び、考える時間すら無いというのが実情です。しかし、会社の将来を担う人材となるための基盤、自身のコアコンピタンスを形成する最も大切な時期がこの中堅社員期です。文字通りの現場リーダーとして、部署のエンジンとして業務を遂行しつつ成長していくための、ワンランク上の自己管理時間管理スキルを身に付けなければなりません。

 しかし、現実には社員研修などの教育の機会を与えられても、きまりなので「こなす、消化する」という状態になっているケースが多く見られます。この背景には、時間に追われる日々の忙しさもありますが、人事研修として設定された内容が紋切り型の教科書教育であることが多く、なぜ忙しい中でこんなに時間を取られ中ればならないのかという不満もその理由として挙げられます。多くの企業で特に中堅社員の人事研修のパフォーマンスが悪い、現場に活かされないという原因でもあります。彼ら現場リーダーである中堅社員が自ら学びたい、有意義な時間であったと感じられる社員研修を提供しなければなりません。

 また、ほとんどの企業では管理者になってから管理者教育を行っています。しかし、それでは遅すぎるのです。管理者になった瞬間に部下ができ、管理者としての仕事を即座にこなす必要があります。少なくとも基本となる管理者教育は中堅社員の段階で行わなければなりません。従って、中堅社員研修の教育では、自らが経験して学び成長すると同時に、部下を教育して育てる技術も修得していかなければなりません。そして、担当者から管理者としての視点の切り替えの準備を行わうこともこの中堅社員研修では教育しなければなりません。例えば、個人としての成果だけではなく、組織としての成果、部下の成果、全体最適といった考え方を学ばなければなりません。

 将来の幹部候補とするためには、将来のキャリアゴールを見定めて、コアコンピタンスを確立してI型人材となると同時に、T型人材、さらには櫛形人材を目指す必要があります。そのためには、単なる知識の修得から学び方の学習へと変革して自律行動型人間とならなければなりません。また、この時期には社内外へのネットワーク形成や、良き失敗と成功体験を積み重ねることが今後の成長基盤を確立するために必要不可欠です。そのためには、人との関わり方、影響の受け方・与え方が重要となります。そして、この時期は仕事量も期待と共に増えていくことから、計画力などの実務力も必要です。
 そのための基盤を形成するのが中堅社員研修です。

 JRLの中堅社員研修では、これらのことを踏まえた実務を基盤とした、業務遂行と成長のための実践型教育を提供することで人材育成を提供いたします。


一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します




主な対象
リーダー層
入社5年目程度〜管理者
若手の教育、指導をする人材
管理職候補(リーダー層)
創造、自律行動が求められる人材
 
 
目指す姿
ビジョンを実務に変換する現場リーダー
自己価値とコアコンピタンスの確立
会社・部門のエンジン
任せられる人材
管理と現場を繋ぐリンク人材
キャリアプラン、目標の確立

 

  • 中堅、中核人材に必要不可欠な論理思考基盤(ロジック)の完成
  • キーワードの羅列と教科書受け売りの金太郎飴研修ではない実践実務型研修
  • 管理者候補としてのリーダー力育成と管理基盤の修得
  • 「良く知っている人」から「任せられる専門家」への脱皮
  • 自ら課題を設定して解決できる自律型人材の育成


構成例 (実務・実践演習を含む)
オリエンテーション

リーダー力(管理基礎)
  管理と育成
  リーダー力とは
  リーダーに必要なこと
  指導するということ
  リーダーのためのフォロー力
  聞くと聴く
           など

中核人材のセルフマネジメント
  セルフマネジメントとは
  メンタルタフネス
  メンタルトレーニングの方法
  ポジティブ思考のパワー
  先読み自律行動力
           など
プレゼンテーションスキル
  伝わってこそ成果になる
  説明力
  提案力
  ファクトで語る
  伝えたいこと、聞きたいこと
  ストーリー性と論理性
  伝えるテクニック
  伝聞と報告の違い
             など

ネットワーク&コミュニケーション
  説明力と提案力
  ネットワーク力(社内、社外)
  交渉力・折衝力
  頼り力・頼られ力
  チーム思考
           など
計画力と遂行力
  ゴール設定
  イシュードリブン
  ボトルネックシーク
  仮説思考
  ディシジョンポイント
           など

キャリアマネジメント
  コアコンピタンスという武器
  キャリアゴール・プラン・パス
  強み伝いという考え方
  専門知識と情報の価値
           など

感性を磨く

良き失敗とは

           など

クロージング 

 

JRLがご提供する人材育成の代表的な方法については、こちらをご覧ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL