HOME>解説・講義>人材育成、自己啓発・成長>人材育成の方法・考え方>

技術継承の本質(正しい技術継承の考え方と方法とは)


  研究開発、問題解決、人材育成はJRLへ 
 

 技術継承というとどうしても、生産技術、現場技術の手順や方法などのいわゆる「作業」の継承が最初にイメージされます。そのため、技術継承と言えば、マニュアル作成、標準手順書作成であると考えているケースも少なくありません。もちろん、そういったことも技術継承の対象であることには間違いありません。しかし、技術継承の本質はそこにはありません。技術継承の本質とは、作業の継承ではなく、人材の継承なのです。

 しかし、前述のようにほとんどのケースで技術継承というとマニュアル化、マニュアル作成に注力して、マニュアルが完成すればそれで技術継承は終了というように認識されているケースが数多くあります。確かに、マニュアルも重要ではありますが、それだけでは全く不十分です。マニュアル作成は技術継承の要件の一つでしかありません。また、マニュアルは基本的に想定したことに対応するものです。しかし。生産現場等で起きることは予測できることばかりではなく、予期しないことが起きるのが常です。


  • 技術継承の進め方が分からない
    マニュアルと作って終わっている
    技術が消えそうになっている
    次代の人材が育たない
    正しい技術継承の方法を知りたい

    こんな時はJRLにご相談ください

  マニュアルは書かれていることに関しては、そのマニュアルがきちんと作成されていれば何の問題も無く作業を進めることができます。しかし、前述のように想定外のことが起きるのが現場です。マニュアルに全てのケースを網羅することは不可能です。従って、マニュアルに記載されていないケースにはマニュアルでは対応できないのです。そういったときに対応できるかどうかが、ベテランと非ベテランの違いであると言えます。そこにこそ、ご術継承の本質があるのです。

 マニュアル化は、言わば見える技術、確定した技術の継承手段です。しかし、現場の技術、継承すべき技術はそれだけではありません。見えない技術、すなわち、予想外の事態に対応することの基盤となる、「考え方」、内面の思考も現場技術なのです。これこそが、現場技術の基盤であり、技術継承の本質なのです。従って、技術継承では、マニュアルで対応できる見える技術と、見えない技術の両面で進めていかなければなりません。

 しかし、人の頭の中の思考プロセスを可視化することは容易ではありません。見えない技術だからこそ難しいのも事実です。多くの技術継承が、やってみて、出来たと思っていたのに上手くいかない原因の一つはここにあります。見えない技術の可視化にはノウハウがあります。技術継承は待ってくれません。少しでも早く動かなければ、技術消失という取り返しのつかない痛手をこうむることになります。

   

 技術継承を確実に実行したい、本当の義重軽傷とは何かを学びたい方は、是非ジャパン・リサーチ・ラボにご相談ください。


真の研究者・技術者に飛躍しませんか? 飛躍を生む人材をいっしょに育てましょう

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ

前のページに戻る

  •  このページはお役に立ちましたか?

    YES    NO

    ご意見・ご感想




 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL