HOME>解説・講義>人材育成、自己啓発・成長>人材育成の方法・考え方>

技術継承はなぜ難しいか(技術継承の方法)


  研究開発、問題解決、人材育成はJRLへ 
 

 技術継承の難しさや課題といった話題が様々な場面で数多く聞かれます。少し前に合った団塊の世代の定年に起因する、いわゆる2007年問題などです。しかし、技術継承に関する問題は、当然ながらこれらだけはなく、今も同じように続いています。

 技術継承はなぜ難しいのか、上手くいかないのか、これには様々な理由があります。無計画、重要性の不認知といったことや、意識の問題もあります。例えば、2007年問題もその一つです。この問題は突然起きたわけではなく、起きるべくして起きた問題です。なぜなら、団塊の世代と呼ばれる人たちが2007年近辺に一斉に大量退職することは、彼らが入社した時に必然として決まっていたことです。にもかかわらず、何らの手立ても打たずに、問題を無視する、先送りするということをしてきたために、あのような状況を生んでしまったにすぎません。


  • 技術継承が上手く行かない
    重要な技術が消えようとしている
    技術継承ができる人材がいない
    会社としてどう取り組めばよいかわからない

    こんな時はJRLにご相談ください

 また、厚生労働省の技術継承の関するアンケートによると、技術継承が上手くいかない理由という問いに対する答えの上位は、時間が無い、予算が無いといった環境への原因帰属、指導者・継承者不足、すぐ辞めるといった人(他人)への原因帰属といった、自分以外に問題の原因を帰着させる答えが占めています。要するに、「自分ごと」として考えていないということです。自分には責任は無いという考え方のもとに、問題自体を蚊帳の外においてしまうという思考の結果です。一度でも、技術継承についてきちんと考えるべきであるという声を上げていれば、状況も変わったかも知れません。しかし、それをしなかったということは同じ船に乗っているということでしかありません。

 技術継承は前述の通り、簡単なものではなく、様々な理由や原因によって容易には進みません。しかし、避けて通ることも、無視することもできない、必ず通らなければならない最重要事項の一つです。だからこそ、技術継承の重要性を認識して、モチベーションを高めて、積極的、能動的に当たらなければなりません。従って、厚労省のアンケート結果のように環境や他人に責任を押し付けるような意識では上手くいくはずはありません。そのためには、経営陣はもちろん、現場の技術者、その間に立つ管理者のすべての関係者が、真剣に技術継承と向き合って、考えて、対応していかなければなりません。
 技術的な難しさ、環境的な問題も当然無視することはできません。しかし、まずは、技術継承に対して正面から向き合って、なんとしてもやり遂げる、やり遂げなければならないという認識になり、経営陣、管理者が率先して旗を振って、全社一丸とならなければ、スタートを切って押しし進めることはできません。

 その上で、どうやって進めていくのかという技術継承の方法論に入っていく必要があります。そのためには、周到な計画と準備が必要です。誰が誰にどの技術を継承するのか、それをいつ行うのか、など考えなければならないこと、決めなければならないことはは山ほどあります。そして、その中で優先順位と付けて、着実に進めていかなければなりません。そして、技術継承は、それぞれの状況や対象によって対応の方法が異なります。従って、絶対のマニュアル、こうすればうまくと行くというような魔法の方法はありません。しかし、共通的に必要なこと、技術継承を円滑進めることができる部分もあります。そういったことを、必要に応じて外部の知恵も入れながら技術継承を推進していくのが最も効率的な方法です。

   

 技術継承が上手くいかない

 これから技術継承を始めたいがどこから手をつければ良いかわからない

 社内の意見、ベクトルが統一できない

など、技術継承に関する課題にお困りの企業、効率的に技術継承を進めたいという企業の方は是非、ジャパン・リサーチ・ラボにご相談ください。様々なケースを推進してきた豊富な経験で、確実に技術継承を推進します。


真の研究者・技術者に飛躍しませんか? 飛躍を生む人材をいっしょに育てましょう

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ


 
  •  このページはお役に立ちましたか?

    YES    NO

    ご意見・ご感想




 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL