新型コロナ対応でテレワークコンサルティングを実施しております。 詳細はこちら

 TOP>人材育成:人事研修・講習、講演>人事研修(人材育成)> 技術者育成のための階層別研修>

技術者(中堅社員)育成人事研修

 
  • 未来を拓く開発原動力を育成する

    計画から成果まで自己完結型開発力の獲得
    技術コアコンピタンスを確立
    専門家としての自己価値の創出と拡大
    説得力、指導力修得でリーダーに変身
    やり抜くモチベーションマネジメント力修得


 入社から数年が過ぎた中堅社員、リーダー層は、やっと少しずつ自ら考えて行動し、現場で力を発揮するようになってきて役割期待も急激に大きくなってきます。そのため、実務者としての期待はもちろん、今後の育成方針、キャリアプランなどにおいて、本人にとっても会社にとっても極めて重要な時期です。彼らは、会社の筋肉、エンジンとして、会社が生き残り、活動していくために非常に重要な階層の人材です。中堅社員は役割期待の大きな変化と拡大を求められ、そのための必要な教育を施さなければなりません。

 少し厳しい言い方をするならば、技術者としてこの中堅社員時代に光るモノ、頭角が見い出せなければその後の大きな成長、エースへの変身は難しいでしょう。埋もれた光るものを見いだし、掘り起こし、育てる、重要な成長の機会であり条件となるのが中社員研修であり、それこそが中堅社員研修の目的でもあります。
 また、将来の管理職候補としての役割という点も含めて、実務者として実際に動くということ以外に、新入社員や若手に対する日々の指導、教育も現場リーダーである中堅社員の役割として極めて需要なものです。したがって、中堅クラスには実務力と共に教育力・育成力が必要とされ、これらを備えた人材として育てることが、将来の管理職候補という意味でも会社全体の人材育成にとっても必要不可欠なこととなります。

 このように中堅社員教育のための研修が重要なことから、多くの企業で社内だけでなく、外部も利用して育成に注力しています。しかし、特に技術者育成と点においてはそのほとんどは効果が見られず、単なる制度消化に終わっています。これには様々な理由がありますが、、最大の理由は技術者は技術者にしか育てられないということです。多くの研修専門機関の講師はいわゆる文系であり、ロジカルシンキングなど言っていても実際に開発で使ったことがない、そもそも開発経験などないというのが実態です。その状態で耳に心地よいキーワード羅列だけの紋切り教科書型の教育で技術者など育つはずはありません。だからと言って、社内の技術部門の人間に育成ができるかというと、残念ながら技術者としての優秀さと教育者としての優秀さは同義ではありません。

 JRLは、技術者、開発者としての実務力と教育・育成力を育て、中堅層から管理層へと連続的に繋げる系統的育成を行い、継続的な自立成長基盤を形成します。技術者が技術者を育成する、JRLにしかできない人材育成をご提供します。また、残念ながら初期からの教育にJRLを活用いただけなかったケースにおいても、不足分のリカバリーによって、必要とされる人材育成を提供します。


一般的な文系ベースの概念的研修にはない 理論と納得感に基づく論理的人材育成を提供します



主な対象
チーフ、リーダー層
入社5年目程度〜管理者
技術者基盤確立期
若手の教育、指導をする人材
管理職、マネージャー候補
創造、自律行動が求められる人材
 
目指す姿
開発戦略(ビジョン)を実務に変換して自律行動できる人材
プレイヤーであり、かつ、育成者
技術者基盤確立による自己価値の創造
キャリアゴールとキャリアプランの形成
ネットワーク形成とチーム思考によるハブ人材
任せられる専門家

 

  • 明確なロジックと論理展開に基づく納得と理解
  • 単なるキーワードの羅列ではないロジックと技術基盤に立った実務型教育
  • 技術者としての論理思考基盤の確立
  • 若手にフィードバックできる高いレベルの理解とリーダー力育成
  • 「良く知っている人」から「専門家」への脱皮
  • キャリアゴール認識による自律行動型技術者の育成
  • 指導力育成による教育、育成力向上と管理者候補の育成

プログラム、構成、方式等詳細は、お問い合わせください。

 

JRLがご提供する人材育成の代表的な方法については、こちらをご覧ください。


 これらはほんの一例です。課題、お悩みがあればまずはご相談ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL