新型コロナ対応でテレワークコンサルティングを実施しております。 詳細はこちら

 TOP>総合技術コンサルティング>問題解決コンサルティング>

制度(ルール、規定、組織、評価)課題解決コンサルティング

 

 企業運営を行う上では、ルールや規定等が必要不可欠であり、それらを統合した様々な制度が運営されています。例えば、組織設計、決裁といったものから、ローテーションや評価と言った人事制度など様々なものが組み合わされて企業運営が行われています。しかし、残念ながらそういった制度がその企業に本当にマッチしたものか、現場運営を反映したものかというと必ずしもそうではありません。多くは、過去の踏襲や教科書的な紋切り型、金太郎飴のような制度になっていることがほとんどです。

 そのため、様々な問題が発生しています。例えば、人事評価制度を例にとると、ほぼ全ての企業で全社で共通の評価制度として運営されています。同じ会社なのだから同じ制度で当たり前という考え方です。しかし、本当にそれで良いのでしょうか。生産現場は(少々極端に言えば)決められたことを決められた通りに行って、確実に約束の結果を出して当たり前というのが基本です。一方で開発の現場はどうでしょうか。現実を見れば上手く行かないことの方が多いとも言えます。もちろん、開発の現場も成果を出すのが大前提です。しかし、だからと言って開発が上手く行かなかったから最低評価をすれば、皆できることしかしなくなります。これでは、イノベーションは生まれません。
 果たして、これらの全く違う組織を同じ制度で扱うことができるでしょうか。

 本コンサルティングでは、様々なケース、状況での課題解決の経験をもとに、現行制度の問題・課題を可視化して、それぞれの企業の状況に合わせて、組織、評価、ルール、規定と言った様々な制度の課題を解決し、個々に合った制度設計を提案します。


  主な実施項目例

  • ・専門的視点による問題の可視化
  • ・独自のヒアリングノウハウによる潜在課題の可視化
  • ・複眼的、俯瞰的な様々な観点による課題解析
  • ・制度的課題の解決
  • ・制度間の整合
  • ・組織間バランスの取れる制度への転換
  • ・実施状況に合わせた制度設計の提案



例えば、こんな問題を解決します


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL