新型コロナ対応でテレワークコンサルティングを実施しております。 詳細はこちら

 TOP>総合技術コンサルティング>問題解決コンサルティング>

組織課題解決コンサルティング

 

 数人程度以下の小さなチームから、部や課と言った中規模の組織、そして、会社全体という組織、さらにはプロジェクトチームやタスクフォースのような非常定常的組織まで、企業活動においては様々な形態の組織が必要であり、運営されています。そして、その全てにおいて様々な課題や問題が発生します。組織設計上の問題、人間関係のような内面的問題、そして、組織間に発生する問題など様々なものがあります。

 組織とは単なる人の集まりではありません。メンバーが有機的に繋がって一体となってベクトルを合わせ、ゴールに向かって進んでいかなければなりません。そうやって、いわゆるシナジー効果が生まれ、組織が組織となることができます。しかし、多くのケースではルールや指示などの言わば強制的ドライブによってこれらの課題や問題に対応しています。すなわち、根本的問題解決をせずに、パッチワーク的に課題に対処している状態です。

 言うまでもなく、組織運営においてはマネジメント力が問われます。そして、小さな組織が回らない状態では大きな組織は機能しません。しかし、自分たちの組織設計、組織運営、マネジメントのどこに問題があるのか、そして、それらにどう対応すれば良いかを社内だけで考え、対応することは容易ではありません。現状しか知らない、現状で何とかなっていると言えばなっている、そして、様々なしがらみの存在など、理由は様々です。

 本コンサルティングでは、様々なケース、状況での課題解決の経験をもとに、潜在する根本的問題・課題を可視化して、個々の状況に応じて解決策を提案します。現実的に実行困難な教科書的理想論ではなく、実効性と実行性が両立する方法を提案します。


  主な実施項目例

  • ・専門的視点による問題の可視化
  • ・独自のヒアリングノウハウによる潜在課題の可視化
  • ・複眼的、俯瞰的な様々な観点による課題解析
  • ・小から大へリンクする最適組織設計
  • ・組織運営、マネジメントの指導
  • ・制度的課題の解決
  • ・実施状況に合わせた対応の提案



例えば、こんな問題を解決します


コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL