HOME>調査・企画>調査 Investigation Lab.>

技術ニーズ調査

 

 新しい製品、新しい技術を開発するにおいては、大前提としてそれらに市場ニーズがあるということが必要なことは言うまでもありません。したがって、市場調査も含めて社内で時間をかけて検討が行われると思います。しかし、本当に必要なのは実際にそれら製品や技術のユーザーとなる人たちの生の声です。そのため、市場調査の段階ではそういった声を拾うことが行われます。

 しかし、実際に行うと分かることですが、本当に必要な声を聞きだすことは容易ではありません。聞き手の側には、どうしても当事者としての思い入れがありますから、どれほど気を付けていたとしてもフィルターやオフセットがかかってしまいます。また、特に日本人の気質として、当事者を前にするとある程度オブラートに包んだ表現になってしまいます。

 中でも、比較的コメントを聞きやすいために調査対象となりやすい既存顧客の場合、それまでの付き合いや関係などから本音を出さないことも多いと言えます。また、一般個人のユーザーは比較的そういった影響は少ないことが多いのですが、企業ユーザーの場合は、個人が特定される形で聞かれていることもあり、取引上の思惑などから、特に本音をあまり言わないことが少なからず見られます。

 このようなときにこそ、JRLをご利用ください。一般の調査会社のように通り一遍の調査ではなく、技術者としての立場で調査を行いますから、開発者の方が本当に欲しい、開発に対してすぐにフィードバックできる、機能、性能、既存製品の技術的ニーズを詳細に聞き出します。従来のような受動的情報収集ではなく、能動的に情報を引き出す調査を行います。これまでにない、専門知識をバックボーンとした調査を是非ご活用ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ


 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL