TOP>人材育成:人事研修・講習、講演>自己啓発研修・講習、セミナー、講演会>

技術者、研究者のためのコーチング

 

 コーチングやメンターという言葉を耳にされた方も多いと思います。いずれも、自己啓発や人材育成という範疇の中で、課題解決やメンタル面の強化、自立思考の育成などのために用いられることが多いと思います。コーチングについては、別項(コーチングとは)も参考にしてください。

 ただし、JRLの行っているコーチングは、一般的なコーチングとは少し異なります。この理由の一つには、別項(マニュアルコーチングの問題マニュアルコーチングの限界)でも述べているように、ほとんどのコーチングがマニュアルに沿った紋切り型のものであるという点があります。すなわち、人それぞれ置かれている状況や性格も異なるにもかかわらず、行われている中身はほとんど同じであり、結局は自分一人でやるのと同じだという結果になってしまっています。もちろん、本来のコーチングはそのようなものではありませんが、ビジネスとして専業でやる人たちが増えたあたりからおかしくなってきたように思います。

 そして、もう一つは、ほとんどのコーチが文系型である点です。技術者、開発者が置かれている技術分野は、一種独特の思考が必要とされる面があります。そのため、課題への対峙の仕方も特異的なものが要求されます。これは、コーチングを受ける側はもちろん、コーチングを行うものにも要求されます。しかし、前述のようにほとんどが文系型であるために、技術者が求めるものに応えきれないという問題が生じてしまいます。

 そこで、JRLでは論理性を重視した、技術分野に適したコーチングを行っています。また、独自のコーチング技法として、アドバーチングアドバーチングのすすめ)を取り入れ、より効率的に負担を少なく、コーチングの効果を得られるようにしています。

 もちろん、これらの方法は、技術分野のみならず、広く様々な分野の方々に対しても大きな効果を発揮するものですから、技術分野以外の方にも是非検討されることを推奨します。

 一皮むける、ブレークスルーを起こせる成長を望んでおられる方、課題に直面に悩んでおられる方など、是非、JRLのコーチング(アドバーチング)を受けて下さい。

 なお、JRLでは平日は業務の都合で時間を取る難い社会人の方のために、週末の予め設定(予約)した時間に週末コーチングを実施しています。週末に実施することで、学校や仕事とのバランスがとりやすく、電話で行う事で割安で、移動時間節約等で効率的なことが特徴です。(注:本コースではパソコンとブロードバンド環境が必要です)
 是非、ご検討ください。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL