展示会出展、広告、PR(情報発信)コンサルティング

 

 良い技術やサービス、商品を開発しても、それが世間に認知されなければ意味はなく、実態的には存在しないのと同じことです。したがって、どの企業も様々なメディアや方法を使って宣伝・PRを行っています。そして、宣伝・PRには決して少なくないコストが必要となります。しかし、情報化社会と呼ばれて久しい現代は、文字通り情報に溢れています。そのため、溢れる情報の中から目にして欲しい人に自分たちの発信した情報を見つけ出してもらうことが極めて難しいと言えます。

 情報発信方法は、今やインターネットが主流となりつつありますが、最も情報が溢れるインターネット上で情報を発信することは最も難しいともいえます。業界紙や展示会は、その分野の情報を欲している人が集まるという点では効率的であると言えますが、競合の溢れる中に飛び込むことになりますから優位性のアピールが重要となります。この他には様々な情報発信方法がありますが、いずれも十分な費用対効果を得て、結果に結びつけることは容易ではありません。

 JRLは、何処に、どんな方法で、どのようにして、何を発信するのが最も効果的であるかということを、技術、サービス、商品の解析から、対象の選定・分析、そして、阪神の方法、運営まで、伝えたい人に伝えたいことを伝えるソリューションを提供します。


 展示会

 展示会は、参加者が情報を求めてくるという点で高い効率性が期待できます。しかし、その出展コストは決して安くはありません。また、競合による類似の展示が並存することが多く、それらの中で如何にして自分たちを際立たせるかということが重要となります。ただ単に、広いブース、派手な演出、気をノベルティーでは、人は集まっても結果には結びつきません。

 また、展示会の大きなメリットの一つに、ユーザー候補と直接その場で顔を合わせて話ができる点があります。しかし、せっかくのメリットも活かせなければ意味は無く、底で良い印象を与えられなければ商談の機会を逃すことにもなりかねません。得てして多くの展示ブースが、自分たちの伝えたいことだけを発信して終わっており、せっかくの双方向発信の場が独りよがりの一方通行になってしまっています。

 JRLは、貴社の熱い思いを形にして最善の形で発信し、来場者も目的とした必要な情報を得られて、商談へと繋がるWin-Winソリューションをご提供します。


 情報発信プロモーション

 情報発信する場合には、どのような対象に、どんな情報を、どうやって伝えるかということが重要になります。しかし、どの商品、サービス、技術も思いの詰まったものであり、その思いが強ければ強いほど一方通行の独りよがりな情報発信になる危険性が高くなります。すなわち、頑張れば頑張るほど、熱心であればあるほどに受けてから離れていくという負のスパイラルに陥ってしまいます。

 受け手がどんな情報を欲しているのか、どのように伝えれば心に響くのかということは、客観的で、ある意味では冷徹な目を持っていなければ分かりません。また、間違った情報の伝わり方をすると、実態との差異が生じてしまい、それは不満へと変わっていってしまいます。そして、一度植え込まれた負のイメージを払拭することは極めて難易度の高いことです。

 JRLは、受け手の目と、客観的な第3者の目、そして、プロの目をもって、最大限のPR効果を生む情報発信をプロモートします。


ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい
お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL