新規事業・商品企画から研究開発推進、現場の課題解決・改善、そして、調査・企画、人材育成まで
ジャパン・リラーチ・ラボ(JRL)は、明日の飛躍をお手伝いいたします。

 HOME>業績・実績の代表例

コンサルティング、セミナー実績例(分析関連)

 

 ここでは、過去のコンサルティングの事例の中から、代表的な分析関連について書かせていただいております。ただし、秘密上の問題から詳細については記載できないことを御容赦ください。

分析関連


異物混入トラブル解決

 分析が活躍する代表的なトラブル事例の一つであり、様々なパターンの異物混入トラブルに対して、最適な分析方法をご提案することで解決に導いてきました。単なる、異物の同定で終わるのではなく、問題解決につながる情報を提供することが重要だと考えています。これまでの事例でも、異物が何であるかということはもちろん、その出所が工程のどこなのか、何が発生させたのか、そして、どうすれば良いのかという所まで繋がる情報が得られる分析をご提案してきました。

分析外注コーディネート

 今や分析の外注は珍しいことではなく、日常的な普通のことになっています。しかし、それでも「お任せで」と言えるほどの状況にはなっていません。だからこそ、分析と開発の間をつなぐ存在が必要なのです。これまでも、分析と開発の両方を経験して専門技術力を培ってきたJRLだからこそ、様々なケースで最適な分析方法のご提案はもちろん、外注先の選定、交渉に至るまで欲しい情報を得るためのお手伝いをさせていただいてきました。


赤外分光分析装置の選定と導入コンサルティング
電子顕微鏡導入コンサルティング

 分析装置の導入は、投資規模も大きく、社内の期待値も高いことから容易なことではありません。また、一度導入すれば容易な更新が難しいことはもちろん、逆に外注も使い辛くなってしまいます。この事例では、これまでの利用状況や今後の開発予定、予算、目的などを詳細にヒアリングし、多様な装置の調査を行うことで、最適なメーカーと装置をご提案させていただきました。ある程度特化した目的にほぼ限定して使用し、使用者も熟練のものに限ることから、使い手を選ぶようなものであっても、目的に適した最高のデータが得られる赤外分光装置を選定することを提案し、開発へ寄与することができました。また、電子顕微鏡では、超高倍率などは必要なく、誰でも使えて維持も簡便、そして、何よりも少々荒っぽい使い方をしても問題の無い物が欲しいとの要望に合わせて選定をさせていただきました。


分析チーム創設コンサルティング

 社内に分析チームを創設することを考える企業が以前にもまして増えています。しかし、分析装置を導入して設備を整えたからと言って期待したような結果を得られないのが分析の難しいところです。この事例では、規模や期待するレベルなどのヒアリングをもとに、分析チームの構成を検討し、それに合わせた設備提案、そして、社内はもちろん、社外も含めた人材提案までをご提案し、分析チームの創設をお手伝いいたしました。
 

 これら以外の多くの事例について技術コンサルティングをさせて頂くことで、様々なご要望にお応えしてきました。
 お悩みがあれば、迷うことなく、まずはお問い合わせください。

ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい

お問い合わせ



 総合技術コンサルティング&人材育成    
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL