新型コロナ対応でテレワークコンサルティングを実施しております。 詳細はこちら

 TOP>総合技術コンサルティング>技術コンサルティング(ものづくり・研究開発)>

保有シーズ技術改良・活用コンサルティング

 
JRLは、
 貴社の中に眠る埋もれたナレッジ、消えようとしているナレッジを掘り起こして可視化し、貴社の持続的発展成長に必要不可欠な新たな価値をそういったシンデレラ技術に付与します。
 

 事業の維持発展のためには新商品、新技術を開発して新規事業を産みだしていかなければなりません。しかし、新たな技術や商品を生み出すことは容易なことではありません。一方で、どのような企業であっても蓄積された技術ノウハウナレッジは必ず存在します。全てにおいてスピードと効率化が要求される現代においては、これらの潜在ナレッジコア技術シーズ技術を時代に合わせて改良、最適化して活用することが必要不可欠です。しかし、現実には一度はあきらめた技術、成熟していると感じているものに新たな価値を吹き込むことは容易なことではありません。

 まず、何を持っているのか、そして、それにはどんな潜在価値、飛躍する可能性があるのかを明らかにしなければなりません。その中では

・技術、ナレッジの棚卸し
・課題、限界の可視化
・異なる視点での価値探索
・新たな技術、知見の付加
・商品化、事業化への具現化策

が必要となります。しかし、これまで自分たちなりに努力してきた結果が現状であることから、これらを全て自分たちだけで行うことは容易なことではありません。単なる焼き直し、パッチワーク的改良ではなく、新たなコア技術と言えるレベルにしなければなりません。そうすることで、新たな柱が生まれるのです。

 コンサルティング実行においては、技術、ナレッジの棚卸しと再検証によって価値と課題、限界を可視化し、そこに新たな知見を加えることで、新技術とも呼べるものを創出し、さらに、それを商品化、事業化していきます。



コンサルティング効果・アウトプット

  • 保有技術リスト化
  • 潜在シーズ技術の発掘
  • 技術価値見直しと再構築
  • 技術活用度向上
  • シーズ技術の平準化、共有
  • 保有シーズ技術活用システム構築
  • シーズ技術の商品化
など

主な実施項目例

  • 技術棚卸
  • 塩漬け原因の特定と解決
  • 技術改良、改善
  • 活用方法創出
  • 技術管理システム構築
  • 具現化(商品化、事業化)
など



例えば、こんな問題を解決します



 これはほんの一例です。研究開発・技術に関することならなんなりとお気軽にご相談ください。



コンサルティングの代表的な方法については、こちらをご覧ください。



ご相談、お問い合わせは、まずは下記までお気軽にお問い合わせ下さい



 総合技術コンサルティング&人材育成
ジャパン・リサーチ・ラボ

JRL